さんまの塩焼きのカロリーは高いの?太るの?栄養は?

サンマの栄養
秋の味覚で人気があるさんま。

最近では不漁により価格が高騰していますが、少し前までは、秋になるとスーパーでは数多く品ぞろえされていました。

 
さんまの食べ方はいろいろあるのですが、もっとも人気があるのがさんまの塩焼き

さんまの塩焼きは、脂がのったさんまの香ばしさがいちばんよくわかる料理です。

ごはんにとてもよく合い、その美味しさから食事のメインとなる存在感があります。

 
今回は、そんなさんまの塩焼きのカロリーと糖質・栄養などを紹介します。

さんまの塩焼きのカロリーと糖質・栄養成分

食べ物のカロリー
【カロリー】386kcal・155g

【糖質】0.1g

【栄養成分】
たんぱく質:22.9g 食物繊維:0.0g 塩分:2.0g

 
大きなさんまをまるまる一匹焼いているので、さんまの塩焼きのカロリーは高いです。

さんまの塩焼き(セブンイレブン)のカロリー

【カロリー】334kcal・1食分

 
さんまの塩焼きは、生のまま購入して家で焼くのが一般的ですが、スーパーでは焼いた商品なども販売されています。

また、セブンイレブンにおいては冷蔵で販売されていて、三陸で水揚げしたさんまを、炭火で焼き上げて風味よく仕上げています。

まるまる1匹のさんまが入っているのでボリュームはありますが、334kcalなので、一般的なさんまの塩焼きよりもカロリーは少し低くなっています

さんまの塩焼きのカロリーは高いの?太るの?

さんまの塩焼き
さんまの塩焼きは、1人前が386kcal。

さんまに塩をふって焼いているだけですが、カロリーは高いです。

同じような魚の塩焼きだと、鮭の塩焼きが77kcal、サバの塩焼きが200kcal、アジの塩焼きが126kcalなので、比較するとカロリーはかなり高くなっています。

 
さんまの塩焼きは、夕食などによく食べられていますが、組み合わせによっては太る可能性もあります。

カロリーが気になる人は、まるまる一匹食べるのではなく、半分にしておきましょう。

また、さんまの脂はカロリーが高いです。

栄養分は減りますが、脂を落としてから食べると、摂取カロリーを減らすことができます。

さんまの塩焼きの栄養とは?

サンマ
さんまの塩焼きは、さんまを丸ごと調理しています。

頭や骨は食べませんが、さんまに含まれている栄養分の多くを摂ることができます。

さんまに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

タウリン・イノシン酸

さんまには特有のうま味がありますが、これはタウリンやイノシン酸などによるもの。

タウリンは、コレステロール値を下げる作用があり、肝機能強化や疲労回復・動脈硬化や高血圧の予防に対する効果が期待できます。

イノシン酸は、代謝機能を促進させるために欠かせない成分になります。

DHA・EPA

良質なたんぱく質やDHA・EPAが豊富に含まれていて、魚の中でもトップクラスの含有率を誇ります。

DHAやEPAには、悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させる働きがあり、動脈硬化や高血圧などさまざまな生活習慣病を防ぎます

 
また、DHAには、脳の活性化・アレルギー症状の緩和などの働きがあり、EPAには、血栓がつくられるのを防止する働きなどがあります。

特に皮の下に多いので、皮は取り除かずに食べたほうがいいでしょう。

DHAやEPAは酸化しやすい特徴がありますが、ビタミンEの多い植物油や種実類といっしょに摂ることで、体内での酸化を防ぐことができます。

血合い

血合いにはビタミンB2が豊富に含まれていて、口角炎や口唇炎の予防に対して有効とされています。

また、血合いには、貧血の予防に効果的なも豊富に含まれていて、その量はレバーに匹敵するほどです。

その他

赤血球をつくるために必要となるビタミンB12が豊富に含まれていて、鉄との相互作用により、貧血の予防や改善に対しての効果が期待できます

この他、カルシウムや亜鉛・ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ナイアシン・葉酸などの栄養も含まれています。

さいごに

このように、さんまは栄養が豊富な魚。

さんまの塩焼きのカロリーは高いですが、積極的に食事に取り入れたい一品だといえるでしょう。

 
【さんまの塩焼きにピッタリなさんまはコチラ】
▶▶▶【送料無料】 根室・釧路産 生サンマ

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。