さんまの塩焼きのカロリーと特徴

サンマの栄養

さんまの塩焼きのカロリー

食べ物のカロリー
さんまの塩焼きは251キロカロリー。

調味料や他の食材はほとんど使っていないシンプルな料理なので、ほとんどがさんまのカロリーになります。

 
他の魚の塩焼きのカロリーは、以下のようになっています。

●いわしの塩焼き:126キロカロリー
●あじの塩焼き:97キロカロリー
●鮭の塩焼き:187キロカロリー
●ほっけの塩焼き:220キロカロリー

さんまは大きいので、比較すると他の魚よりカロリーは高くなっています。

さんまの塩焼きの特徴

さんまの塩焼きは、脂がのったさんまの香ばしさがいちばんよくわかる料理。

ボリュームがある割に、カロリーは低めです。

栄養が豊富なので、積極的に食事に取り入れたい一品だといえます。

さんまの特徴

サンマ
さんまは、日本では古くから親しまれてきた魚であり、秋刀魚という字のとおり秋が旬の魚になります。

夏にオホーツク海を起点として南下し始め、秋に銚子沖を通過するさんまは、寒さに耐えるための脂肪がほどよくのって美味しいです。

口先と尾のつけ根が黄色いものは脂がのっていますが、ハリとツヤがあり、目が充血していないものを選ぶといいです。

 
さんまについての詳しい内容は、こちらの記事で確認することができます。

さんまの塩焼きの関連動画

【車庫めし】秋刀魚の塩焼き
↓ ↓ ↓


七輪で焼くと、かなり美味しそうです

合わせてどうぞ

▼この他の魚料理に関する記事です▼

スポンサードリンク




あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。