たけのこのカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

タケノコの栄養

たけのこ(水煮)のカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】30kcal・可食部100g当たり

【糖質】2.3g

たけのこ(1本)のカロリー

【カロリー】130kcal・500g

たけのこのカロリー一覧

名称 内容量 カロリー
たけのこ土佐煮 50g 31kcal
たけのこの里 70g 391kcal
たけのこの木の芽和え 95g 54kcal
たけのこのおかか煮 100g 36kcal
若竹煮 100g当たり 24kcal
たけのこ(ゆで) 100g当たり 31kcal
たけのこの缶詰(水煮) 100g当たり 23kcal
おかず畑 たけのこ土佐煮(フジッコ) 100g当たり 23kcal
たけのことふきの煮物 125g 36kcal
たけのこご飯 160g 244kcal
ささみたけのこ(ローソン) 1本 67kcal
おかず畑 ふきたけのこ(フジッコ) 1パック(80g)当たり 23kcal
たけのこ(おでん) 1個 8kcal
たけのこおにぎり 1個 168kcal
たけのことしいたけのシューマイ(冷凍・マルハニチロ) 1個(14g)当たり 30kcal
たけのこきんぴら 1人前 65kcal
たけのこのキムチ炒め 1人前 275kcal
たけのこと鶏肉の煮物 1人前 336kcal
たけのこの中華風スープ 1人前 48kcal
たけのことわかめの酢味噌和え 1人前 123kcal
たけのこそば 1人前 380kcal
たけのことちくわのきんぴら 1人前 146kcal
たけのこの佃煮 1人前 83kcal
たけのことにしんの含め煮 1人前 255kcal
たけのことわかめの味噌汁 1人前 41kcal
焼きたけのこ 1人前 76kcal
たけのこのバターソテー 1人前 68kcal
たけのこと豚肉のオイスター炒め 1人前 316kcal
たけのこの春巻き 1人前 427kcal
たけのことひき肉のきんぴら 1人前 256kcal
たけのこちらし寿司 1人前 613kcal
たけのこの回鍋肉 1人前 230kcal
たけのことこんぶの土佐煮 1人前 52kcal
するめとたけのこの煮物 1人前 199kcal
たけのこと牛肉の煮物 1人前 232kcal
菜の花と筍の酢みそあえ 1人前 106kcal
たけのこのステーキ 1人前 260kcal
春キャベツとたけのこの和風サラダ 1人前 66kcal
竹の子弁当(ほっかほっか亭) 1人前 523kcal
たけのこ土佐煮(セブンイレブン) 1人前 34kcal

たけのこと他の野菜のカロリー比較(可食部100g当たり)

比較
他の野菜のカロリーは、以下のようになっています。

かぶ

アスパラガス

とうもろこし

らっきょう

20kcal

22kcal

92kcal

118kcal

かぼちゃ

キャベツ

だいこん

にんにく

91kcal

23kcal

25kcal

134kcal

玉ねぎ

なす

オクラ

人参

37kcal

22kcal

30kcal

39kcal

ブロッコリー

カリフラワー

レンコン

ごぼう

33kcal

27kcal

66kcal

65kcal

みょうが

ゴーヤ

ズッキーニ

とうがん

12kcal

17kcal

14kcal

16kcal

たけのこは30kcalなので、比較すると、カロリーは平均よりも低くなっています。

たけのこの栄養と効果

タケノコ
たけのこに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

グルタミン酸・チロシン・ロイシン

うま味成分でアミノ酸の一種である、グルタミン酸やチロシン・ロイシンなどが含まれています。

チロシンは、切り口に現れる白い粉。

新陳代謝を活発にしてホルモンのバランスを整え、脳を活性化させるとして注目されています。

ロイシンは、運動時のエネルギー源となるので、疲労回復に対して有効とされています。

食物繊維

独特の歯ごたえは、食物繊維のセルロースによるもの。

便の量を増やし、腸の動きを刺激してぜん動運動を活発にするので、大腸がんを予防する効果が期待できます。

また、コレステロールの吸収を妨げるため、動脈硬化の予防に有効とされています。

カリウム

カリウムが、野菜の中でもトップクラスに含まれています。

体内の余分なナトリウムを排出し、血圧を下げる作用があるので、高血圧の予防やむくみの解消に対する効果が期待できます。

たけのこは、消化しにくいという欠点がありますが、煮ると消化しやすくなります。

煮汁ごと食べれば、溶け出したカリウムを摂取することができます。

その他

アスパラガスと同様にアスパラギン酸が含まれています。

からだの代謝を高めるので、疲労回復を助ける効果が期待できます。

たけのこの主な効果

高血圧の予防、改善・丈夫な骨の形成・便秘の予防、改善・疲労回復・整腸作用・動脈硬化の予防・大腸がん予防・健脳効果・糖尿病予防・利尿作用

たけのこの主な栄養成分

ビタミンB1・ビタミンB2・カリウム・マンガン・食物繊維・グルタミン酸・チロシン・ロイシン・アスパラギン酸・シュウ酸

 
【たけのこの特徴などはコチラ】
▶▶▶筍(たけのこ)の特徴とは?種類や旬・産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。