びわのカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

ビワ

びわのカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】40kcal・可食部100g当たり

【糖質】6.2g

びわ(1個)のカロリー

【カロリー】14kcal・35g

びわのカロリー一覧

名称 内容量 カロリー
びわの缶詰 100g当たり 81kcal
びわジャム 大さじ1 32kcal
果実の時間 びわゼリー(たらみ) 1カップ(250g)当たり 170kcal

びわと他の果物類のカロリー比較(可食部100g当たり)

比較
他の果物類のカロリーは、以下のようになっています。

バナナ

アボカド

パイナップル

ウメ

86kcal

187kcal

51kcal

28kcal

ユズ

モモ

スモモ

パパイヤ

21kcal

40kcal

49kcal

38kcal

イチゴ

レモン

ブドウ

グレープフルーツ

34kcal

54kcal

59kcal

38kcal

マンゴー

イチジク

サクランボ

ナシ

64kcal

54kcal

60kcal

43kcal

スイカ

ブルーベリー

メロン

カキ

37kcal

49kcal

42kcal

60kcal

ミカン

キウイ

オレンジ

リンゴ

45kcal

53kcal

39kcal

61kcal

びわは40kcalなので、比較すると、カロリーは平均より少し低くなっています。

びわの栄養と効果

ビワの栄養
びわは、がんや動脈硬化の予防、高血圧の改善など、生活習慣病に対しての効果が期待できる果物。

びわに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

β-カロテン

フルーツの中では上位につけるほど、β-カロテンが豊富に含まれています。

β-カロテンは、体内でビタミンAに変わり、目の粘膜を健康にして視力を保ちます。

また、老化を抑制するなどの働きもあります。

クロロゲン酸

びわの皮やタネの近辺に豊富に含まているのが、ポリフェノール成分のクロロゲン酸。

苦みを持つ成分で、発がん物質の生成を抑え、その動きを不活発にする働きを持つとされています。

その他

食物繊維が含まれていて、腸内環境を整える作用があるので、便秘の予防・改善に対する効果が期待できます。

びわの葉には、クエン酸リンゴ酸タンニンなどが含まれていて、免疫力を高める効果が期待できます。

また、タンニンには、乾燥した肌を潤す効果があるとされています。

 

びわは利尿・口渇・健胃に有効
びわはせきを止め、嘔吐を治し、のどの渇きを止めます。

葉は煎じて、せきや利尿・口渇・健胃に用いたり、びわ湯としても使えます。

また、種子は肝臓病によく、むくみやせきに有効。

せきが続くときには、びわの葉の毛を除き、20gほどを煎じて飲むといいでしょう。

びわの主な栄養成分

β-カロテン・クロロゲン酸・クエン酸・リンゴ酸・タンニン・食物繊維

びわの主な効果

がん予防・高血圧の予防、改善・疲労回復・美肌効果

 
【びわの特徴などはコチラ】
▶▶▶びわの特徴とは?種類や旬・産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。