蛤(はまぐり)のカロリーと糖質!栄養や効果なども紹介

ハマグリの栄養

はまぐりのカロリー(kcal)と糖質

食べ物のカロリー
はまぐりのカロリーですが、生の場合は36kcal・焼いた場合は77kcalであり、糖質は1.8g。(※ 可食部100gあたり)

水煮にすると87kcal・つくだ煮にすると219kcalほどになります。

カロリーは低いので、ダイエットに向いている食材といえます。

 
他の魚介・貝類のカロリーや糖質は、以下のようになっています。

  • 牡蠣・・・60kcal・4.7g
  • 赤貝・・・74kcal・3.5g
  • アサリ・・・30kcal・0.4g
  • シジミ・・・64kcal・4.5g
  • サザエ・・・89kcal・0.8g

   
 
比較すると、カロリーは少し低く、糖質は平均くらいになっています。   

【スポンサードリンク】

はまぐりの栄養と効果

ハマグリ
はまぐりは、高たんぱく・低カロリーであり、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、女性におすすめの食べ物になります。

漢方薬としても活用されていて、殻は糖尿病や二日酔いなどに有効であり、身は目の充血や発熱した時に用いられています。

 
ほかの貝類と同じく、グルタミン酸やグルシン・アラニンなどのうま味成分が多く含まれています。

貝類はカルシウムが少ない傾向にあるのですがが、はまぐりには豊富に含まれています。

また、マグネシウムやリンなども含まれていることから、骨を強化する効果が期待できます。

 
タウリンの含有量は貝類の中でもトップクラスであり、脂質の代謝や肝機能を助け、コレステロールを下げる作用があるので、動脈硬化など生活習慣病の予防に対しての効果が期待できます。

ビタミンB2が豊富に含まれていて、肌の調子を整えるなど、美容に対して有効とされています。

ビタミンB12が豊富に含まれていて、貧血の予防に対する効果が期待できます。

この他、鉄や亜鉛・ビタミンB1などがバランスよく含まれています。

はまぐりの主な効果

骨粗しょう症の予防・美肌効果・貧血の予防、改善・糖尿病の予防

はまぐりの主な栄養成分

グルタミン酸・グルシン・アラニン・カルシウム・マグネシウム・リン・タウリン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB12・鉄・亜鉛

はまぐりの栄養を強化する食べ合わせ

はまぐり+酢

酢にはさまざまな健康効果があるとされていて、毎日摂ることが推奨されています。

また、はまぐりに含まれているビタミンB12の吸収を高める効果が期待できるので、はまぐりを食べるときは加えておくといいです。

合わせてどうぞ

はまぐりの特徴などに関する記事です。

【スポンサードリンク】

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。