ヒラメのカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

ヒラメ

ヒラメのカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】103kcal・可食部100g当たり

【糖質】0.0g

ヒラメのカロリー一覧

名称 内容量 カロリー
ヒラメのえんがわ 可食部100g当たり 342kcal
ヒラメの寿司 1カン 60kcal
ヒラメの刺身 1切れ(8g) 9kcal
ヒラメの煮付け 1人前 76kcal
ヒラメのカルパッチョ 1人前 121kcal
ヒラメのムニエル 1人前 162kcal
ヒラメの昆布締め 1人前 39kcal
ヒラメの天ぷら 1人前 303kcal

ヒラメと他の魚介類のカロリー比較(可食部100g当たり)

比較
他の魚介類のカロリーは、以下のようになっています。

アマダイ

サケ

カワハギ

マグロ

113kcal

133kcal

83kcal

108kcal

タイ

サバ

タラ

ブリ

142kcal

202kcal

77kcal

257kcal

アユ

キス

ニシン

イサキ

100kcal

85kcal

216kcal

127kcal

タチウオ

カマス

カレイ

カジキ

266kcal

148kcal

95kcal

99kcal

アジ

イワシ

カツオ

サンマ

126kcal

217kcal

114kcal

297kcal

アンコウ

フグ

シシャモ

アナゴ

200kcal

84kcal

177kcal

161kcal

ウナギ

ブリ

255kcal

257kcal

ヒラメは103kcalなので、比較すると、カロリーは平均よりも低くなっています。

ヒラメの栄養と効果

ヒラメ
ヒラメは、高たんぱくで低脂肪な魚。

不飽和脂肪酸であるDHAやEPAなどのミネラルやビタミンをバランスよく含んでいます。

 
うまみ成分のイノシン酸やグルタミン酸・タウリンなどのアミノ酸が豊富に含まれているので、白身でも味にコクがあるのが特徴。

血圧やコレステロール値を下げ、生活習慣病を防ぐ効果が期待できます。

栄養素の代謝を促すビタミンB1やビタミンB2・血液の流れをスムーズにするナイアシンなどのビタミンB群が豊富に含まれています。

 
えんがわには、皮膚や目を潤す作用があるコラーゲンが豊富に含まれていて、老化防止に対する効果が期待できます。

骨や歯の形成に欠かせないカルシウムや、その吸収を助けるビタミンDなどが豊富に含まれているので、骨粗しょう症の予防に対する効果が期待できます。

この他、血行を促進するカリウムや、味覚や嗅覚の働きを正常にする亜鉛などが含まれています。

ヒラメの主な効果

高血圧の予防や改善・目の健康維持・美肌効果・骨粗しょう症の予防

ヒラメの主な栄養成分

DHA・EPA・イノシン酸・グルタミン酸・タウリン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンD・ナイアシン・カリウム・亜鉛・カルシウム・コラーゲン

 
【ヒラメの種類や特徴などはコチラ】
▶▶▶鮃(ヒラメ)の種類と特徴!旬や産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。