あさりのカロリーと糖質!栄養や効果なども紹介

アサリの栄養

あさりのカロリー(kcal)と糖質

食べ物のカロリー
あさりのカロリーは30kcal、糖質は0.4g。(※可食部100gあたり)

缶詰にした場合、水煮は114kcal・味付けは130kcalほどになります。

カロリーは低いので、ダイエットに向いている食材といえます。

 
他の魚介・貝類のカロリーや糖質は、以下のようになっています。

  • しじみ・・・64kcal・4.5g
  • サザエ・・・89kcal・0.8g
  • ホタテ・・・88kcal・3.5g
  • はまぐり・・・39kcal・1.8g
  • 牡蠣・・・60kcal・4.7g

   

比較すると、カロリーや糖質は低くなっています。

あさりを使った料理のカロリーと糖質

あさりを料理にした場合、一般的なカロリーと糖質は以下のようになりますが、かなり低くなっています。

  • あさりの潮汁:12kcal・0.6g
  • あさりのみそ汁:26kcal・1.9g
  • あさりの酒蒸し:32kcal・0.8g
  • あさりの佃煮:23kcal・3.0g

あさりの栄養と効果

アサリ
あさりは、たんぱく質や脂肪が少なく低カロリー。

あさりに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

タウリン

あさりは二日酔いに効果的だといわれますが、これはあさりに含まれているタウリンが、肝機能を高めて二日酔いの解消を助けるためです。

また、血圧や血糖値・コレステロールを低下させる作用が期待できるので、動脈硬化の予防・改善などに有効とされています。

タウリンは、熱に強く水に溶けやすい性質があるため、煮汁ごと味わえるようなみそ汁や煮物などにするといいです。

鉄・ビタミンB12

鉄や、造血作用があるビタミンB12が含まれているので、貧血予防にはピッタリの食材といえます。

あさりなど、動物性食品に含まれる鉄は、吸収されやすいヘム鉄。

佃煮にすると、成分が凝縮して、鉄の量が約3~5倍になるとされています。

たんぱく質といっしょに摂取すると、鉄とともにヘモグロビンが合成されるので、貧血を予防する効果がアップします。

マグネシウム

マグネシウムが豊富に含まれていて、その量はシジミの10倍もあります。

マグネシウムは、カルシウムと共に骨の形成と血圧の調整に働くほか、糖質の脂肪の燃焼を助けてやせやすい体質にするとされています。

その他

あさりには独特のうま味がありますが、これはグリコーゲンやコハク酸というアミノ酸によるものです。

あさりの水煮缶がありますが、手軽に使えるうえ、生のあさりよりも亜鉛やカルシウム・鉄などを多く含んでいます。

あさりの主な効果

貧血の予防、改善・肝臓病予防・精神安定・利尿作用・コレステロールの上昇抑制・美肌効果

あさりの主な栄養成分

ビタミンB2・ビタミンB12・ビタミンC・カルシウム・クロム・亜鉛・鉄・ナイアシン・マグネシウム・グリコーゲン・コハク酸・タウリン

あさりの栄養を強化する食べ合わせ

あさり+ネギ

ネギ畑
ネギに含まれているビタミンCは、あさりの鉄や亜鉛の吸収を助ける作用があります。

これにより、正常な味覚の維持に貢献したり、美しい髪の維持に役立ちます。

あさり+味噌

味噌汁にすると、あさりに含まれているタウリンが肝臓の機能を高め、味噌のビタミンB群が疲れを取るので、疲労回復効果が高まります

合わせてどうぞ

あさりの特徴などに関する記事です。

スポンサードリンク




あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。