みょうがのカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

ミョウガ

みょうがのカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】12kcal・可食部100g当たり

【糖質】0.5g

みょうが(1個)のカロリー

【カロリー】2kcal

みょうがのカロリー一覧

名称 内容量 カロリー
みょうがの甘酢漬け 1個 3kcal
玉ねぎとみょうがのみそ汁 1人前 28kcal
豆腐とみょうがのみそ汁 1人前 40kcal
モロヘイヤとみょうがのみそ汁 1人前 44kcal
なすとみょうがのみそ汁 1人前 36kcal
みょうがとにらのみそ汁 1人前 55kcal
みょうがとわかめのみそ汁 1人前 39kcal
みょうがのピクルス 1人前 19kcal
みょうがのポン酢卵とじ 1人前 108kcal
みょうがの天ぷら 1人前 119kcal
肉巻きミョウガ 1人前 232kcal
きゅうりとみょうがの酢の物 1人前 16kcal

みょうがと他の野菜のカロリー比較(可食部100g当たり)

比較
他の野菜のカロリーは、以下のようになっています。

かぶ

アスパラガス

とうもろこし

らっきょう

20kcal

22kcal

92kcal

118kcal

かぼちゃ

キャベツ

だいこん

にんにく

91kcal

23kcal

25kcal

134kcal

玉ねぎ

なす

オクラ

人参

37kcal

22kcal

30kcal

39kcal

ブロッコリー

カリフラワー

レンコン

ごぼう

33kcal

27kcal

66kcal

65kcal

たけのこ

ゴーヤ

ズッキーニ

とうがん

30kcal

17kcal

14kcal

16kcal

みょうがは12kcalなので、比較すると、カロリーは平均よりもかなり低くなっています。

みょうがの栄養と効果

ミョウガの栄養
みょうがは、夏バテ解消にピッタリの栄養が含まれている香味野菜。

しょうがの仲間であることから、しょうがと同様に体を温める作用があります。

また、血行や発汗を促したり、反対に体温を調整して発熱を抑える効果もあります。

血行をよくして体を温める作用があるので、入浴剤として使うことができたり、肩こりの解消にもなるとされています。

 
みょうがに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

アルファピネン

みょうがの香り成分はアルファピネン。

熱を冷ます作用や胃の消化を助ける働きがあるので、消化・血行促進、発汗作用といった効果が期待できます。

また、さわやかな香りがあり、夏の暑さで低下しがちな食欲を増進させたり、大脳皮質を刺激して眠気を覚ましたりする効果もあります。

 
アルファピネンは揮発性なので、生で切ったり刻んだりする食べ方がおすすめになります。

アントシアニン

表面が赤紫色になっているのは、アントシアニンによるもの。

活性酸素の働きを抑えて、目の健康を守る・肝機能を高める・高血圧を予防、改善するなどの効果が期待できます。

みょうがはアクを抜くため、切ってから水にさらして使うことがありますが、アントシアニンは水溶性なので、水にさらす時間はできるだけ少なくしたほうがいいでしょう。

その他

辛味のもとは、ミョウガジアールという成分で、抗菌作用や解毒作用が期待できるほか、血栓予防に役立つ可能性があるとされています。

カリウムが豊富に含まれていて、むくみの解消や高血圧予防の効果が期待できます。

その他、葉酸やマグネシウムなどのミネラルが含まれています。

 
漢方では、消炎や解毒の作用がある生薬として、主に煎じ薬や外用薬に用いられてきました。

生みょうがは、民間療法において、リウマチの治療や消化促進に効果があるとされています。

みょうがの主な効果

食欲増進・消化促進・眠気予防・熱冷まし・血行促進・発汗作用・高血圧の予防、改善

みょうがの主な栄養成分

アルファピネン・アントシアニン・ミョウガジアール・カリウム・葉酸・マグネシウム

 
【みょうがの特徴などはコチラ】
▶▶みょうがの特徴とは?旬や産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。