しめじのカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

シメジの栄養
しめじは、炊き込みご飯やみそ汁の具・天ぷら・炒め物などによく使われています。

また、牛乳やチーズとも相性がいいので、クリームシチューやグラタン・チーズ焼きにしても美味しいです。

香りは少なめですが、歯ざわりや味はよく、和・洋・中と何にでも使うことができます。

 
今回は、そんなしめじのカロリー一覧と糖質・栄養や効果について紹介したいと思います。

しめじ(ブナしめじ)のカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】18kcal・可食部100g当たり

【糖質】1.3g

しめじ(ゆで)のカロリー

【カロリー】22kcal・100g当たり

ホンしめじのカロリー

【カロリー】14kcal・可食部100g当たり

ブナピーのカロリー

【カロリー】18kcal・可食部100g当たり

しめじと青菜のおひたしのカロリーと糖質

【カロリー】13kcal・70g

【糖質】0.9g

しめじとベーコンのソテーのカロリーと糖質

【カロリー】99kcal・75g

【糖質】0.6g

しめじの天ぷらのカロリー

【カロリー】71kcal・1個

しめじのバター炒めのカロリー

【カロリー】141kcal・1食

鶏ときのこのバター醤油炒めのカロリー

【カロリー】222kcal・1食

しめじと豚肉の味噌炒めのカロリー

【カロリー】259kcal・1食

しめじのバターポン酢炒めのカロリー

【カロリー】64kcal・1食

キャベツとしめじの味噌汁のカロリー

【カロリー】62kcal・1食

しめじとたまねぎの味噌汁のカロリー

【カロリー】30kcal・1食

豆腐としめじの味噌汁のカロリー

【カロリー】67kcal・1食

小松菜としめじの煮浸しのカロリー

【カロリー】15kcal・1食

しめじのおひたしのカロリー

【カロリー】31kcal・1食

ほうれん草としめじのごまあえのカロリー

【カロリー】73kcal・1食

タラとしめじのホイル焼きのカロリー

【カロリー】73kcal・1食

ベーコンとしめじの和風パスタのカロリー

【カロリー】615kcal・1食

わかめとしめじのスープのカロリー

【カロリー】12kcal・1食

しめじご飯のカロリー

【カロリー】236kcal・1膳

しめじと他のきのこ類のカロリー比較

比較
他のきのこ類のカロリーは、以下のようになっています。

マイタケ

なめこ

エリンギ

マッシュルーム

15kcal

15kcal

19kcal

11kcal

しいたけ

松茸

えのき

18kcal

76kcal

22kcal

しめじは18kcalなので、比較すると、カロリーは平均くらいになっています。

しめじの栄養と効果

シメジ
しめじは、アミノ酸がバランスよく含まれているのが特徴で、うま味はグルタミン酸によるものになります。

しめじに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

カリウム

カリウムが含まれていて、血圧の改善やむくみ解消に対する効果が期待できます。

カリウムは水溶性であり、水に溶け出てしまう性質があるので、煮物などにした場合は煮汁もいっしょに摂るようにしたほうがいいでしょう。

ビタミンD

ビタミンDが含まれていて、カルシウムの吸収率を高め、骨への沈着をサポートするほか、ストレスの解消に有効。

干しシイタケと同様、天日干しすると増量する性質があります。

脂溶性なので、油といっしょに調理すると吸収率が高まります。

その他

ビタミンB群(ビタミンB1やビタミンB2)が豊富に含まれていて、新陳代謝を高めるので、疲労回復の効果が期待できます。 

食物繊維が豊富に含まれていて、肌荒れや大腸がんの予防に期待ができます。

ナイアシンが豊富に含まれていて、アルコールの分解を促してくれるので、二日酔いの予防に期待ができます。

 
しめじに含まれているβ-グルカンやレクチンなどにより、免疫力をアップする効果があるとされています。

成長期の子どもや、病気の回復期に必要とされるリジンが含まれています。

しめじの主な効果

がん予防・骨粗しょう症の予防・整腸作用・高血圧の予防、改善・肥満予防

しめじの主な栄養成分

グルタミン酸・リジン・カリウム・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンD・食物繊維・ナイアシン・β-グルカン・レクチン

 
【しめじの特徴などはコチラ】
▶▶▶しめじの特徴とは?旬や産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。