ごぼうのカロリーと糖質!栄養や効果なども紹介

ゴボウの栄養

ごぼうのカロリー(kcal)と糖質

食べ物のカロリー
ごぼうのカロリーは65kcal・糖質は9.7g。(※可食部100gあたり)

カロリーは低めなので、ダイエットに向いている食材といえます。

 
また、他の野菜類のカロリーや糖質は、以下のようになっています。

  • ジャガイモ・・・76kcal・16.3g
  • サツマイモ・・・134kcal・29.7g
  • ヤマイモ・・・108kcal・21.2g
  • レンコン・・・66kcal・13.5g
  • ニンジン・・・37kcal・6.5g

     
比較すると、カロリーや糖質は低くなっています。

【スポンサードリンク】

ごぼうの栄養と効果

ゴボウの保存法
ごぼうに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

食物繊維

ごぼうには、食物繊維のイヌリンやリグニン・セルロースが豊富に含まれています。

血糖値の上昇を抑えたり、悪玉コレステロールの排出を促す作用があるので、糖尿病や動脈硬化が気になる人にはおすすめです。

ごぼうの食物繊維は水分吸収率が非常に高いので、便のかさを増やして便通をよくする効果が大きいです。

整腸作用があるので、大腸がんの予防や便秘の改善に対する効果に期待ができます。

 
リグニンは、切り口に発生する性質があり、時間がたてばたつほど増えます。

切り口の表面積が多くなるよう、ささがきなどを使った調理法にすると、より多く摂取することができます。

ポリフェノール

独特の香りや味わいは、抗酸化作用の高いポリフェノールによるものであり、動脈硬化やがんを予防する効果が期待できます。

ポリフェノールは皮の部分に多く含まれているので、皮を厚くむいてしまわないよう注意したほうがいいです。

その他

切ったときに切り口を黒く変色させるタンニンには、抗酸化作用と殺菌作用があり、血糖値の上昇を抑え、糖尿病にも有効とされています。

ごぼうのアクはクロロゲン酸であり、免疫力アップや美肌効果が期待できます。

カリウムやマグネシウム・亜鉛・銅などのミネラル成分が豊富に含まれています。

カルシウムが含まれていて、骨をつくるはたらきが期待できます。

 
中国では、薬用としてごぼうを使っています。

扁桃腺の腫れや口内炎・歯ぐきの腫れには、根もしくは葉を煎じた液でうがいをしたり、腫れた部分に塗ったりしています。

あせもやジンマシン・虫刺されにも効果があるとされ、種子は解毒・利尿剤として特に重宝されています。

ごぼうの主な効果

整腸作用・便秘解消・糖尿病予防・がん予防・コレステロールの上昇抑制

ごぼうの主な栄養成分

食物繊維・ポリフェノール・カリウム・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・銅・クロロゲン酸

ごぼうの栄養を強化する食べ合わせ

ごぼう+梅干し

自家製梅干し
ごぼうに含まれているカルシウムは、梅干しといっしょに摂ると吸収が高まるので、骨粗しょう症予防に対して有効です。

また、ごぼうの食物繊維と梅干しのクエン酸には整腸作用があるので、疲労回復効果も期待できます。

ごぼう+高野豆腐

ごぼうと高野豆腐は、どちらも低カロリーで食物繊維が多いです。

いっしょに摂取することでより満腹感が高まるので、食べ過ぎの予防に対する効果が高まります。

ごぼう+いわし

ごぼうに含まれているカリウムと、いわしのカルシウムやDHA・EPAが加わると血圧を下げるはたらきが期待できるので、高血圧の予防に有効です。

ごぼう+肉類

ごぼうに含まれている食物繊維は、肉類のコレステロールを排泄するはたらきがあるので、いっしょに摂取すると、生活習慣病を予防する効果がアップします。

ごぼう+酢

酢が、ごぼうに含まれているクロロゲン酸の吸収を高めるので、がん予防や便秘の改善・美肌効果などがアップします。

合わせてどうぞ

ごぼうの特徴などに関する記事です。

【スポンサードリンク】

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。