マッシュルームのカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

マッシュルーム

マッシュルームのカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】11kcal・可食部100g当たり

【糖質】0.1g

マッシュルーム(1個)のカロリー

【カロリー】1kcal

マッシュルームのカロリー一覧

名称 内容量 カロリー
マッシュルーチーズバーガー(フレッシュネスバーガー) 1個 336kcal
マッシュルームの水煮(缶詰) 100g当たり 14kcal
クリームマッシュルーム(缶詰・キャンベル) 100g当たり 77kcal
しいたけマッシュルームクリスプ(コストコ) 100g当たり 426kcal
サラダクラブ マッシュルーム スライス 1袋(50g)当たり 10kcal
マッシュルームのポタージュ 1人前 247kcal
マッシュルームのクリームスープ 1人前 290kcal
マッシュルームステーキ 1人前 60kcal
マッシュルームのタパス 1人前 56kcal
マッシュルームのフライ 1人前 167kcal
マッシュルームのパセリバター炒め 1人前 58kcal
マッシュルームのガーリック煮 1人前 115kcal
マッシュルームとしらすのオムレツ 1人前 375kcal
ポルチーニとマッシュルームのクリームパスタ(ピザーラ) 1人前 686kcal

マッシュルームと他のきのこ類のカロリー比較

比較
他のきのこ類のカロリーは、以下のようになっています。

マイタケ

なめこ

エリンギ

えのき

15kcal

15kcal

19kcal

22kcal

しいたけ

松茸

しめじ

18kcal

76kcal

18kcal

マッシュルームは11kcalなので、比較すると、カロリーは平均よりも低くなっています。

マッシュルームの栄養と効果

マッシュルームの栄養
マッシュルームは、味にクセがないので使いやすい食材。

うまみ成分のグルタミン酸がしいたけの3倍も含まれていて、味わいがいいのが特徴です。

マッシュルームに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

パントテン酸

キノコ類には全般的にパントテン酸が多く含まれていますが、マッシュルームもかなり豊富。

パントテン酸は、たんぱく質や脂質・炭水化物の3大栄養素の代謝にかかわる酵素の補酵素として作用します。

単体でも皮膚や粘膜の健康を維持したり、免疫力を高めたり、抗ストレス・善玉コレステロールの促進など、さまざまな働きを持つとされています。

また、パントテン酸は、副腎皮質ホルモンなど、ホルモンの合成にも欠かせない栄養素になります。

 
パントテン酸は熱に弱く、加熱調理で約半分が破壊されてしまいます。

栄養分をより多く摂取したいのであれば、生のままスライスしてサラダで食べましょう。

食物繊維

食物繊維が豊富に含まれていて、腸内環境を整えてくれる作用があるので、便秘の予防・改善に対する効果が期待できます。

また、発がん物質を早く体外に排出してくれる作用があり、便のかさを増やして有害物質の濃度を薄めます。

さらに、コレステロールや糖質・脂質の代謝を促進してくれるなどの働きもあります。

カリウム

カリウムが含まれていて、塩分を排出して血圧を下げる働きが期待できるので、高血圧の予防に有効とされています。

牛肉といっしょに食べると、牛肉に含まれているペプチドとの相乗効果で、高血圧予防に対しての効果がさらに高まります。

その他

ビタミンB2が豊富に含まれていて、脂質の代謝を高める作用があるので、ダイエットに対する効果が期待できます。

ビタミンB1ナイアシンなども含まれています。

マッシュルームの主な効果

抗ストレス作用・免疫力の増強・高血圧の予防、改善・皮膚や粘膜の保護

マッシュルームの主な栄養成分

グルタミン酸・パントテン酸・食物繊維・カリウム・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンD・ナイアシン・銅

 
【マッシュルームの特徴などはコチラ】
▶▶▶マッシュルームの特徴とは?旬や産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。