枝豆(えだまめ)のカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

エダマメの栄養

枝豆のカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】138kcal・可食部100g当たり

【糖質】3.8g

枝豆(1粒)のカロリー

【カロリー】1kcal

枝豆(茹で)のカロリーと糖質

【カロリー】34kcal・45g

枝豆のカロリー一覧

名称 内容量 カロリー
男前豆腐 えだまめ 100g当たり 96kcal
枝豆のフォカッチャ 100g当たり 240kcal
むき枝豆(業務スーパー) 100g当たり 159kcal
枝豆スティック春巻(業務スーパー) 100g当たり 162kcal
枝豆ちくわ(マルハ) 100g当たり 119kcal
塩あじえだ豆(冷凍・ニッスイ) 可食部100g当たり 143kcal
塩あじ枝豆(冷凍・台湾産・ニチレイ) 可食部100g当たり 155kcal
塩ゆでえだまめ(冷凍・台湾産・マルハニチロ) 可食部100g当たり 158kcal
冷たい牛乳でつくる えだ豆のポタージュ(クノール) 1袋分 50kcal
カリッと枝豆ノンフライ焼き(ギンビス) 1袋(13g)当たり 64kcal
ハッピーターン えだ豆味 1個 21kcal
丸大豆せんべい(三幸製菓) 1袋(134g)当たり 605kcal
枝豆ご飯 1人前 259kcal
枝豆とえびの炒め物 1人前 154kcal
枝豆風味寄せ豆腐 1人前 358kcal
枝豆のカリカリ揚げ 1人前 129kcal
枝豆ときゅうりのサラダ 1人前 95kcal
クラッツ 枝豆 1人前 218kcal
枝豆コロッケ 1人前 254kcal
枝豆ペペロンチーノ 1人前 95kcal
枝豆のポテトサラダ 1人前 192kcal
枝豆の卵焼き 1人前 177kcal
枝豆とはんぺんの梅肉和え 1人前 90kcal
枝豆納豆 1人前 89kcal
枝豆のポタージュ 1人前 185kcal
ひじきと枝豆のがんもどき 1人前 241kcal
枝豆とはんぺんのふんわり揚げ 1人前 180kcal
枝豆のひと口かき揚げ 1人前 254kcal
枝豆のクリームチーズあえ 1人前 150kcal
枝豆ガーリック炒め 1人前 135kcal
枝豆(ジョイフル) 1人前 267kcal
枝豆フランス(デリフランス) 1人前 271kcal
枝豆ごはんおむすび(セブンイレブン) 1人前 212kcal
枝豆チーズベーコンパン(ローソン) 1人前 255kcal
ねり天串 枝豆(ファミリーマート) 1人前 104kcal
枝豆とひじきの生姜風味鶏サラダ(ファミリーマート) 1人前 94kcal
オクラと枝豆の塩昆布和え(ファミリーマート) 1人前 81kcal
豆乳枝豆ベーグル(BAGEL&BAGEL) 1人前 224kcal
堅あげポテト 枝豆塩バター味 1人前 305kcal
枝豆のカリカリ揚げ(白木屋) 1人前 129kcal
やみつき枝豆チーズパン(神戸屋) 1人前 283kcal
こだわりの枝豆(くら寿司) 1人前 121kcal
枝豆(はま寿司) 1人前 135kcal
枝豆がんも(コープ) 1人前 76kcal

枝豆と他の豆類のカロリー比較(可食部100g当たり)

比較
他の豆類のカロリーは、以下のようになっています。

そら豆

ぎんなん

落花生

グリーンピース

108kcal

187kcal

562kcal

93kcal

さやえんどう

さやいんげん

大豆

36kcal

23kcal

164kcal

180kcal

枝豆は138kcalなので、比較すると、カロリーは平均くらいになっています。

枝豆の栄養と効果

エダマメ
枝豆は、さまざまな栄養素が豊富に含まれていて、栄養価が高い野菜。

畑の肉と呼ばれている大豆と同様、良質なたんぱく質が豊富に含まれています。

からだにたまった余分な水分を取り除く作用があり、胃腸の働きを整え、体内の代謝を活発にします。

 
枝豆に含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

ビタミンB1

エネルギーをつくるときに欠かせない栄養素であるビタミンB1が含まれていて、自律神経を調整する働きがあります。

また、神経が集まる脳に栄養を送り、正常に機能するサポートをします。

夏はどうしてもさっぱりしたものを食べたくなり、栄養が糖質に偏りがちですが、ビタミンB1が糖質の代謝を助け疲労物質を取り除き、夏バテを防いでくれます。

メチオニン

枝豆のたんぱく質に含まれているメチオニンという成分には、アルコールの解毒作用があります。

アルコールから肝臓を守り、二日酔いを抑える効果があるので、「ビールに枝豆」という食べ合わせは理にかなっているといえます。

また、枝豆に含まれているビタミンB1やビタミンCにも同じ作用があります。

レシチン

レシチンが含まれていて、細胞を活性化させ、内臓や脳・神経を若々しく保つとされています。

また、コレステロールを低下し、肥満の予防や改善に対する効果も期待できます。

ビタミンE・食物繊維・葉酸

ビタミンEが豊富に含まれていて、体内に発生する活性酸素による過酸化脂質の生成を抑え、細胞の老化を抑制します。

食物繊維が豊富に含まれていて、高血圧や糖尿病など生活習慣病の予防に効果があるといわれています。

妊娠中や授乳中の人・成長期のお子様には欠かせない栄養素である葉酸が豊富に含まれていて、体の成長促進や貧血予防などの効果が期待できます。

その他

サポニンが含まれていて、高い抗酸化作用があり、コレステロールを低下し動脈硬化を予防する効果や、肥満を予防・改善する効果が期待できます。

イソフラボンが含まれていて、女性ホルモンと似た働きをするので、更年期症状の緩和に有効とされています。

枝豆の主な効果

肝機能強化・疲労回復・動脈硬化の予防・夏バテ防止・コレステロールの上昇抑制・貧血の予防、改善・更年期障害の改善

枝豆の主な栄養成分

β-カロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・メチオニン・サポニン・イソフラボン・レシチン・食物繊維・葉酸

さいごに

枝豆の栄養価は、加熱前と加熱後では変わりません。

ただ、時間が経つほどうま味は逃げてしまうので、入手したらできるだけ早くゆでてください。

また、ゆですぎてしまうと、うま味成分のアミノ酸が流れ出てしまうので、ゆで時間には注意したほうがいいでしょう。

 
【枝豆の特徴などはコチラ】
▶▶▶枝豆(えだまめ)の特徴とは?種類や旬・産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。