セロリのカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

セロリの栄養
セロリは、サラダやクリーム煮・炒めものなどによく使われていますが、スープを作る時に少し入れると香りがよくなり美味しいです。

葉はあまり食べられていませんが、ミネラルやビタミンが多く含まれているので食べたほうがよく、チャーハンやバター炒めにするといいでしょう。

残った茎や葉などは、ニンジンや大根などの残り野菜と即席ピクルスにすると、栄養豊富な食べ物になります。

また、お茶パックに入れると手軽なブーケガルニにすることができ、カレーやシチューのダシに利用できます。

 
今回は、そんなセロリのカロリー一覧と糖質・栄養や効果について紹介したいと思います。

セロリのカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】15kcal・可食部100g当たり

【糖質】2.1g

セロリ(1本)のカロリー

【カロリー】10kcal・65g

セロリ(葉っぱ)のカロリー

【カロリー】13kcal・100g当たり

セロリとこんにゃく炒めのカロリー

【カロリー】60kcal・1人分

セロリのきんぴらのカロリー

【カロリー】54kcal・1人分

セロリの昆布漬けのカロリー

【カロリー】12kcal・1人分

セロリとツナのマヨサラダのカロリー

【カロリー】79kcal・1食

りんごとセロリのサラダのカロリー

【カロリー】78kcal・1人分

セロリのコンソメスープのカロリー

【カロリー】8kcal・1人分

トマトセロリのポタージュのカロリー

【カロリー】134kcal・1食

セロリの卵スープのカロリー

【カロリー】56kcal・1人分

セロリのキムチのカロリー

【カロリー】22kcal・1食

セロリのぬか漬けのカロリー

【カロリー】63kcal・1人分

セロリのピクルスのカロリー

【カロリー】30kcal・1人分

牛肉とセロリの炒め物のカロリー

【カロリー】230kcal・1人分

豚肉とセロリの炒め物 のカロリー

【カロリー】295kcal・1食

セロリのからしマヨネーズあえのカロリー

【カロリー】105kcal・1食

セロリのかき揚げのカロリー

【カロリー】158kcal・1食

信州産セロリのマリネ(セブンイレブン)のカロリー

【カロリー】44kcal・1食

セロリと他の野菜のカロリー比較

比較
他の野菜のカロリーは、以下のようになっています。

小松菜

白菜

水菜

三つ葉

14kcal

14kcal

23kcal

76kcal

ピーマン

レタス

パプリカ

ニラ

22kcal

12kcal

30kcal

21kcal

ネギ

クレソン

空芯菜

モロヘイヤ

34kcal

10kcal

17kcal

38kcal

もやし

ししとう

トマト

春菊

14kcal

27kcal

19kcal

22kcal

セロリは15kcalなので、比較すると、カロリーは平均よりも低くなっています。

セロリの栄養と効果

セロリ
セロリは、独特の強い香りがあり、シャキシャキした歯ごたえを持つ野菜ですが、ミネラルの含有量は野菜の中でも多くなっています。

セロリに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

アピイン・セネリン

セロリ特有の香りであるアピインやセネリンは、神経系統にはたらいてイライラを抑えたり、胃液の分泌を促進する作用があり、食欲を高める効果が期待できます。

また、アピインには、頭痛や生理痛・更年期の不快症状をやわらげるなどの働きもあるとされています。

β-カロテン

葉の部分には、抗酸化作用が高いβ-カロテンが豊富に含まれていて、生活習慣病やがんの予防に対して有効とされています。

油で調理するとβ-カロテンの吸収率がアップします。

葉は繊維がかたいので、細かく刻んだ後、炒めたり天ぷらなどにするといいでしょう。

食物繊維・メチオニン・カルシウム

茎には、食物繊維やメチオニン・カルシウムが含まれています。

食物繊維は、血糖値やコレステロール値を改善し、便秘や糖尿病の予防に対する効果が期待できます。

メチオニンは、肝臓の働きを活性化させるので、二日酔いの時に食べると症状を緩和してくれる効果が期待できます。

カルシウムは、歯や骨を強化し、骨粗しょう症の予防に対して有効とされています。

ビタミンB1・ビタミンB2・ピラジン

葉の部分には、疲労回復効果のあるビタミンB1や、細胞の再生を促し粘膜を保護するビタミンB2が含まれています。

また、香り成分のピラジンが含まれていて、血栓を防ぎ、血液をサラサラにする作用があるとされています。

カリウム

利尿作用があり、むくみや高血圧などに有効とされている成分のカリウムが含まれています。

カリウムは水溶性で、煮た時の損失は30%とされています。

効率よく摂りたいときは、生食か煮汁ごと食べられる料理にするといいでしょう。

その他

ビタミンUが含まれていて、胃腸の粘膜の新陳代謝を促進し、修復する働き があるとされています。

セロリの主な効果

便秘解消・食欲増進・疲労回復・肝臓病予防・がん予防・抗ストレス作用・高血圧の予防、改善・むくみ解消

セロリの主な栄養成分

ビタミンC・β-カロテン・カリウム・アピイン・セネリン・食物繊維・メチオニン

 
【セロリの特徴などはコチラ】
▶▶▶セロリの特徴とは?種類や旬・産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。