パセリのカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

パセリ

パセリのカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】43kcal・可食部100g当たり

【糖質】1.4g

パセリ(1枝)のカロリー

【カロリー】6kcal・15g

パセリのカロリー一覧

名称 内容量 カロリー
乾燥パセリ 可食部100g当たり 341kcal
パセリの天ぷら 1人前 77kcal
アンティエ レモン&パセリ(日本ハム) 100g当たり 327kcal

パセリの栄養と効果

パセリの栄養
パセリは、緑黄色野菜の中でも栄養豊富。

みじん切りにしてスープやサラダにふりかけたり、素揚げや天ぷらに添えたりして、もっと積極的に食べたほうがいい野菜になります。

パセリに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

ピネン・アピオール

パセリの独特の香りは、ピネンやアピオールという成分。

食欲増進や疲労回復・口臭予防・利尿作用などの効果が期待できます。

また、ピネンには、消化促進・口臭予防・発がん抑制作用などもあるとされています。

パセリは料理によく添えられていますが、香り成分には抗菌・殺菌作用があるため、料理に添えることは食中毒予防の意味もあります。

ビタミンC

ビタミンCは、レモンの2倍以上含まれています。

肌にハリを持たせ、粘膜や骨を強くし、免疫力を高めて風邪の予防や回復に働きます。

また、たんぱく質からコラーゲンがつくられる働きにもかかわっています。

鉄はほうれん草の4倍程度含まれていて、貧血の予防や改善に有効

パセリには、鉄と鉄の吸収を高めるビタミンCや、造血作用のある葉酸が含まれているので、貧血に対する効果はさらに高まります。

その他

葉に含まれているクロロフィルには抗酸化作用があり、コレステロールの上昇を防いだり、貧血を予防する効果があるとされています。

β-カロテンは、シソやニンジンに次ぐ含有量。

老化やがん・心臓病などの予防や、皮膚と粘膜を健康に保つ効果が期待できます。

カリウムはサツマイモの2倍以上含まれていて、血圧を正常に保つので、高血圧の人におすすめです。

 
この他、丈夫な骨をつくるカルシウムやビタミンKなども含まれています。

パセリの主な効果

精神安定・食欲増進・胃腸機能強化・鎮痛作用・消化促進・がん予防・動脈硬化の予防・骨粗しょう症の予防

パセリの主な栄養成分

β-カロテン・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンK・カリウム・カルシウム・鉄・亜鉛・マンガン・食物繊維・ピネン・アピオール・クロロフィル・葉酸

 
【パセリの特徴などはコチラ】
▶▶▶パセリの特徴とは?種類や旬・産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。