キウイの特徴とは?種類や産地・栄養なども紹介♪

キウイの栄養

キウイの特徴

キウイは、別名ちゅうごくさるなしといわれるように、中国南部の原産であり、1906年、ニュージーランドに導入されました。
日本へは1970年代に導入され、みかんの転作作物として普及した、比較的新しい果物です。
短期間に世界的果物のひとつになったことから、キウイフルーツの奇跡と呼ばれていて、キウイという名前は、茶色の円筒形で毛が密生している姿が、ニュージーランドの国鳥のキウイバードに似ているからになります。

キウイは、酸味と甘みのバランスがとれたジューシーな味わいやグリーンのさわやかな色合い、切り口の模様の美しさが魅力の果物です。
キウイには、果肉がきれいな緑色のグリーンキウイと、黄色で甘みが強いゴールドキウイがありますが、最近では、ゴールドキウイの人気が高くなっています。
現在では、栽培が比較的専門知識がなくても可能なことから、ホームセンターなどで苗が購入できたりします。

キウイの種類

ヘイワード
世界で最も多く栽培されている品種であり、果実は重さ100g前後と大ぶりで、甘みと酸味のバランスがいいです。
ゼスプリゴールド
果形はやや細長く、酸味が弱くて甘みが強いのが特徴です。
レインボーレッド
ヘイワードよりひと回り小さく、酸味が弱くて甘みが強いのが特徴です。
香緑(こうりょく)
香川県のオリジナル品種で、細長い俵型であり、酸味がひかえめで甘みが強くなっています。
さぬきゴールド
黄金色の果肉をもつことからこの名前がついていて、1個の重さが200g前後あり、世界最大級の大きさといわれています。
魁蜜(かいみつ)
中国が原産の品種で、リンゴのような形からアップルキウイとも呼ばれています。
酸味が強く、完熟するととても甘くなります。
ゼスプリサンゴールド
きれいな俵型で外皮の毛が薄く、鮮やかな黄色の果皮が特徴です。
果汁がたっぷりで、フルーティな甘みが際立ち、人気が出てきています。
ゼスプリ・スウィートグリーン
果肉は鮮やかな緑色で、さわやかな甘みと酸味があるのが特徴です。
ブルーノ
平均的なサイズの2~2.5倍ある大型の品種で、果肉は濃い緑色でほのかな甘みがあります。
香粋(こうすい)
香川県が育成した品種で、一口サイズで甘みが強いのが特徴です。
讃緑(さんりょく)
香川県が育成した品種で、甘みと酸味のバランスがいいのが特徴です。
片浦イエロー
神奈川県が育成した品種で、果肉は黄色で糖度は15%と甘みが強いです。
東京ゴールド
果肉は黄色でやわらかく、縦に切ると断面がハートに見えるのが珍しいです。
スポンサードリンク

キウイの旬

旬のカレンダー
キウイの旬
キウイは、1年中出回っているので輸入物のイメージが強いですが、国内産もあります。
国内産の旬は品種にもよりますが、10~11月ごろになります。

キウイの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成25年統計 参照)

愛媛県
全国収穫の32.7%の構成比  6,890t
福岡県
全国収穫の23.9%の構成比  5,040t
和歌山県
全国収穫の15.5%の構成比  3,270t

店頭に並ぶキウイのうち、もっとも多く出回っているのはニュージーランド産であり、輸入品の95%位を占めています。
5月~6月にニュージーランドで収穫されたものが、低温貯蔵されて、5月~12月にかけて輸入されています。

10月~11月にかけて収穫された日本産が、10月~6月にかけて出荷されています。

キウイの上手な選び方

  • きれいな楕円形をしたもの。
  • 皮の茶色いうぶ毛がびっしりとついているもの。
  • 購入後すぐに食べるときは、さわってみてやわらかめのもの。
  • さわってかたいものは、未熟で酸味が強くあまり美味しくないですが、室温に3~4日おいておくと熟してきます。

スポンサードリンク

キウイの栄養と効能

キウイキウイは、疲れた肌と心を癒やす手軽さが魅力の美容系フルーツであり、女性にうれしい健康効果が期待できます。

キウイに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

ビタミンC

ビタミンCの含有量は果物の中でトップクラスであり、キウイ1個で1日の約70%ものビタミンCを摂ることができます。
免疫力を高めて風邪を予防するほか、老化防止・ストレス対策・コラーゲンの生成を助けて美肌をつくるなどの効果が期待できます。

また、ストレスによるイライラをしずめ、精神を安定させる効果などもあります。
ビタミンCは熱に弱いですが、キウイは生食できるのでしっかり吸収することができます。

ビタミンE

ビタミンEが豊富に含まれていて、血流を促すほか、抗酸化作用によるアンチエイジングなどに有効です。
ビタミンCとビタミンEが豊富に含まれているので、がんの予防や感染症の予防などに対する効果が期待できます。

ブドウ糖・クエン酸・リンゴ酸

体内に素早く吸収されてエネルギーに変わる糖分のブドウ糖や、疲労物質の乳酸を抑えるクエン酸リンゴ酸が豊富に含まれています。
これらの相乗効果により、疲労回復に対して抜群の効果を発揮します。

アクチジニン

キウイを食べると、口の中や舌にピリッとするような刺激を感じることがあると思いますが、これは、たんぱく質分解酵素のアクチジニンになります。
アクチジニンは、肉や魚を消化しやすくし胃腸機能をサポートしますので、胃もたれしやすい人におススメであり、肉料理のデザートとして食べるといいです。

その他

果肉の部分にはクロロフィルが含まれていて、貧血の予防やコレステロール値の低下に効果的とされています。
食物繊維のペクチンが含まれていて、便秘改善や腸内環境の改善・血糖値の上昇・糖尿病の予防に対する効果が期待できます。

塩分の排泄をうながすことで、高血圧の予防・改善の効果が期待できるカリウムが含まれています。
歯や骨を丈夫にし、骨粗しょう症の予防に対しての効果が期待できるカルシウムが含まれています。

キウイの主な効能

老化抑制・美肌効果・高血圧の予防、改善・疲労回復

キウイの主な栄養成分

ビタミンC・ビタミンE・ブドウ糖・クエン酸・リンゴ酸・食物繊維・カリウム・カルシウム・アクチジニン

キウイの栄養を強化する食べ合わせ

キウイ+柿

キウイと柿に含まれているビタミンCがコラーゲンの形成を助け、さらに柿のβ-カロテンが皮膚を健康に保つので、美肌作りに最適な組み合わせになります。

キウイ+豚肉

豚肉に含まれているたんぱく質をキウイが効率よく分解するので、疲労回復に対する効果がアップします。

キウイのカロリー(kcal)と糖質

キウイのカロリーは53kcal、糖質は11.0gです。(※ 可食部100gあたり)
キウイ1個(70g)のカロリーは37kcalになります。
カロリーは低いので、ダイエットに向いている食材といえます。

他の果物類のカロリーや糖質は以下のようになっていますが、他の果物類と比べるとカロリーや糖質はほぼ同じくらいになっています。

  • イチゴ・・・34kcal・7.1g
  • リンゴ・・・61kcal・14.3g
  • バナナ・・・86kcal・21.4g
  • スイカ・・・37kcal・9.2g
  • メロン・・・42kcal・9.9g

      

キウイの食べ方

キウイの食べ方キウイは、果物には珍しく果肉が緑色で鮮やかであり、しかも美味しいので、デザートや料理に広く利用されています。
生でそのまま食べるのはもちろん、鮮やかな色を活かして、サラダやケーキのかざり・ジャム・冷たいスープなどにしても美味しいです。
生で食べる場合は、酸味が少しあるので、ヨーグルトや砂糖をかけて食べるのがおススメになります。

キウイは、果実から熟れた甘い香りがして、皮をさわったときに弾力を感じることができれば食べごろです。
食べ方ですが、皮をむく前にまず両端を切り落とし、その時に軸をいっしょに取り除き、皮をむきスライスします。
別な食べ方としては、皮付きのまま半分に切り、スプーンで中をすくって食べる方法があります。

甘みが強いのは真ん中の白い部分だと思われがちですが、実はお尻の部分が最も甘く、上にいくほど硬くて甘みが少ないので、甘みを均等に切り分けるなら縦に切るほうがいいです。

キウイの保存法

キウイは、ビニール袋に入れ冷蔵庫で保存するとよく、熟す前なら1~2週間は保存可能になります。
また、リンゴと一緒にビニール袋に入れて常温で置いておくと追熟します。

熟したものは、皮ごとラップに包んで冷凍する方法もあり、使うときは室温に5~10分程度置くと皮が簡単にむけます。

 

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。