ブルーベリーのカロリーと糖質!栄養や効果なども紹介

ブルーベリー

ブルーベリーのカロリー(kcal)と糖質

食べ物のカロリー
ブルーベリーのカロリーですが、生の場合は49kcal・ジャムにした場合は181kcalほどであり、糖質は9.6g。(※可食部100gあたり)

ドライブルーベリーのカロリー(9g)は26kcalになります。

カロリーは低いので、ダイエットに向いている食材といえます。

 
また、他の果物類のカロリーや糖質は、以下のようになっています

  • イチゴ・・・34kcal・7.1g
  • イチジク・・・54kcal・12.4g
  • バナナ・・・86kcal・21.4g
  • メロン・・・42kcal・9.9g
  • キウイ・・・53kcal・11.0g

       
比較すると、カロリーや糖質は平均くらいになっています。

ブルーベリーの栄養と効果

ブルーベリーの栄養
ブルーベリーに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

アントシアニン

ブルーベリーの鮮やかな青紫色は、ポリフェノール系のアントシアニンという色素。

ブルーベリーは、目に良い果物として知られていますが、それは、アントシアニンが豊富に含まれているからです。

アントシアニンには強い抗酸化作用があり、アンチエイジングだけでなく、眼精疲労や視力の低下予防に有効に作用し、目のはたらきを活性化させる効能があるとされています。

 
目の網膜には、ロドプシンという光を感じる色素があり、ロドプシンは脳に信号を伝えると分解され、その後、再合成されます。

ただし、目を使いすぎると再合成が追い付かなくなるため、目がかすむなどの症状があらわれます。

アントシアニンは、ロドプシンの再合成を促進すると考えられているので、疲れ目の予防や改善に役立つとされています。

 
アントシアニンは、皮に豊富に含まれているので、水を張ったボウルでサッと洗い、皮付きのまま食べましょう。

生のブルーベリーを1日に約100g以上摂取することで、目の疲れがとれるといわれています。

乾燥品だとその4分の1のたった約25gで十分であり、夜の暗闇に目が慣れる時間が早くなる効果が期待できます。

ビタミンE

ブルーベリーにはビタミンEが豊富に含まれていて、ビタミンAかビタミンCの多いフルーツと合わせると、ブルーベリーが持つ抗酸化性をさらにアップさせることができます。

ラズベリーやイチゴ・キウイなどと合わせたフルーツサラダは、見た目にも美しく、栄養たっぷりなデザートになります。

食物繊維

皮ごと食べられるブルーベリーは、食物繊維がフルーツの中でトップクラスの含有量になっています、

便秘の解消や腸の健康維持に役立つとされています。

その他

強い抗酸化力をもつ、老化防止ビタミンとも呼ばれているビタミンEが含まれています。

アンチエイジングはもちろん、動脈硬化の予防にも有効とされています。

マンガンは、ほかのミネラルと協力して、骨や関節の結合組織づくりに関与するので、成長期の骨の発育促進や骨粗しょう症予防に対する効果が期待できます。

ブルーベリーの主な効果

目の健康維持・老化の抑制・がん予防・便秘の予防、改善

ブルーベリーの主な栄養成分

アントシアニン・ビタミンE・食物繊維・マンガン

ブルーベリーの栄養を強化する食べ合わせ

ブルーベリー+ヨーグルト

カスピ海ヨーグルトの食べ方
ブルーベリーに含まれている食物繊維と、ヨーグルトに含まれている乳酸菌にはどちらも整腸作用があるので、腸内環境を活発にします。

女性の悩みに多い、便秘の予防や改善に対する効果が期待できます。

ブルーベリー+ナッツ

ブルーベリーもナッツも、細胞の老化を防ぐとされるビタミンEが豊富に含まれています。

いっしょに摂取すると、相乗効果で動脈硬化を予防する効果がアップします。

合わせてどうぞ

ブルーベリーの特徴などに関する記事です。

【スポンサードリンク】

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。