パパイヤのカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

パパイヤの栄養

パパイヤのカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】38kcal・可食部100g当たり

【糖質】7.4g

パパイヤのカロリー一覧

名称 内容量 カロリー
パパイヤ 1個(260g) 99kcal
青パパイヤ 1個 117kcal
青パパイヤのサラダ 1人前 184kcal
パパイヤ(ドライフルーツ) 100g 349kcal

パパイヤと他の果物類のカロリー比較(可食部100g当たり)

比較
他の果物類のカロリーは、以下のようになっています。

バナナ

アボカド

パイナップル

ウメ

86kcal

187kcal

51kcal

28kcal

ユズ

モモ

ビワ

スモモ

21kcal

40kcal

40kcal

49kcal

イチゴ

レモン

ブドウ

グレープフルーツ

34kcal

54kcal

59kcal

38kcal

マンゴー

イチジク

サクランボ

ナシ

64kcal

54kcal

60kcal

43kcal

スイカ

ブルーベリー

メロン

カキ

37kcal

49kcal

42kcal

60kcal

ミカン

キウイ

オレンジ

リンゴ

45kcal

53kcal

39kcal

61kcal

パパイヤは38kcalなので、比較すると、カロリーは平均よりも少し低くなっています。

パパイヤの栄養と効果

パパイヤ
パパイヤの栄養価は高く、様々な色素成分が体の組織を酸化から守ります。

脳梗塞や心筋梗塞の予防効果があるので、年配の方にもおすすめな果物です。

パパイヤに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

ビタミンC

シミやそばかすを防いで、肌を滑らかに保つ効果があるとされているビタミンCが豊富に含まれています。

パパイヤ約1/4個(100g)で、1日推奨量の約半分のビタミンCを摂ることができます。

葉酸

赤血球の生成を促す葉酸が豊富に含まれているので、貧血予防に有効

体内でのたんぱく質合成にも欠かせないので、妊娠中や筋トレ時の補給にもおすすめ。

カリウム

体内の水分と塩分を排出させるカリウムが豊富に含まれていて、むくみや高血圧の解消に活用できます。

ただ、食べ過ぎると身体が冷えるので、ほどほどにしておいたほうがいいでしょう。

その他

β-カロテンを摂ることができるので、紫外線が強い時季の肌ケアに最適。

熟す前の青いパパイヤは、たんぱく質分解酵素のパパインリン・鉄などのミネラルが豊富に含まれています。

熟すと、パパイヤやリン・鉄などのミネラルの含有量が減り、逆にビタミンCやβ-カロテン・葉酸がかなり増えます。

パパイヤの主な効果

脳梗塞や心筋梗塞の予防・シミやそばかすの防止・貧血予防・むくみや高血圧の解消

パパイヤの主な栄養成分

パパイン・ビタミンC・ビタミンE・β-カロテン・葉酸・カリウム・リン・鉄

 
【パパイヤの特徴などはコチラ】
▶▶▶パパイヤの特徴とは?旬や産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。