ネギのカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

ネギ

根深ネギのカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】34kcal・可食部100g当たり

【糖質】5.8g

長ネギ(白ネギ)のカロリーと糖質

【カロリー】36kcal・可食部100g当たり

【糖質】6g

葉ネギ(青ネギ)のカロリーと糖質

【カロリー】40kcal・可食部100g当たり

【糖質】4g

長ネギ(小口切り)のカロリーと糖質

【カロリー】30kcal・可食部100g当たり

【糖質】5g

長ネギ(白髪ネギ)のカロリーと糖質

【カロリー】30kcal・可食部100g当たり

【糖質】55g

ネギのカロリー一覧

名称 内容量 カロリー
ねぎま串 20g 60kcal
ネギとろ 100g 121kcal
ネギとろ細巻 125g 213kcal
ネギとろ丼 245g 432kcal
ねぎ味噌 大さじ1 22kcal
ねぎ塩だれ 大さじ1 12kcal
ねぎみそせんべい 1枚 53kcal
料亭の味 減塩 長ねぎ(マルコメ) 1食 (17 g) 34kcal
きざみねぎ(ローソン) 1袋当たり 45kcal
ネギ焼き 1人前 182kcal
ねぎラーメン 1人前 431kcal
ねぎ塩チキン 1人前 213kcal
ねぎチャーシュー 1人前 92kcal
ねぎぬた 1人前 39kcal
ねぎ入り卵焼き 1人前 83kcal
ねぎの肉巻き 1人前 250kcal
焼きねぎチーズ春巻き 1人前 115kcal
豚肉と白菜の鍋 1人前 390kcal
長ネギのかき揚げ 1人前 198kcal
油揚げとねぎのみそ汁 1人前 101kcal
蒸し鶏のねぎソースかけ 1人前 157kcal
焼き長ねぎのマリネ 1人前 218kcal
おやき ねぎみそ 1人前 154kcal
焼きねぎのポン酢びたし 1人前 52kcal
ねぎ入り卵焼き 1人前 106kcal
納豆のねぎ焼き 1人前 232kcal
ねぎとしいたけの中華スープ 1人前 15kcal
ねぎラー油牛丼(吉野家) 1人前 596kcal
ねぎ玉豚丼(すき家) 1人前 576kcal
ねぎキムチ(すき家) 1人前 64kcal
ネギたっぷり旨辛ネギたま牛めし(松屋) 1人前 617kcal
ねぎポンおろしバーグステーキ(びっくりドンキー) 1人前 334kcal
ねぎ玉カツ丼(かつや) 1人前 1048kcal
生姜香るネギ醤油ラーメン(セブンイレブン) 1人前 461kcal

ネギと他の野菜のカロリー比較

比較
他の野菜のカロリーは、以下のようになっています。

小松菜

白菜

水菜

三つ葉

14kcal

14kcal

23kcal

76kcal

ピーマン

レタス

パプリカ

セロリ

22kcal

12kcal

30kcal

15kcal

春菊

クレソン

空芯菜

モロヘイヤ

22kcal

10kcal

17kcal

38kcal

もやし

ししとう

トマト

ニラ

14kcal

27kcal

19kcal

21kcal

ネギは34kcalなので、比較すると、カロリーは平均よりも少し高くなっています。

ネギの栄養と効果

ネギ畑
ネギには、根深ネギ・葉ネギ・あさつき・わけぎ・万能ネギなどさまざまな種類がありますが、種類によって栄養価は少し違ってきます。

それぞれの栄養価を比べてみると、ビタミンC・β-カロテン・カルシウムなどが含まれている、葉ネギの栄養価がもっとも優れています。

ネギに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

アリシン(硫化アリル)

ネギには、アリシン(硫化アリル)が豊富に含まれていて、消化液の分泌を促すので、食欲が増進します。

胃腸内のビタミンB1を効率よく吸収し、糖質の分解・吸収を高めてくれるので、エネルギー代謝が活発になります。

疲労回復をはじめ、血行を促進してからだを温めるといった効果が期待できます。

 
アリシンの特有の強い匂いには、消化促進の働きがあります。

温熱作用や消炎作用に優れているので、民間療法では、風邪やしもやけの外用薬として欠かせない野菜とされてきました。

熱に弱いので、長く煮込むと効力が激減して甘味の成分に変化しますし、アリシンは水に溶ける性質があるので、活用するなら生食がおすすめ

アリシンには揮発性があり、時間の経過や細かく刻むことでどんどん減っていくので、栄養と香りを残すためには、できるだけ使う直前に刻むほうがいいでしょう。

ネギオール

ネギの白い部分には、ネギオールという成分が含まれています。

抗菌や解熱・発汗作用があるといわれ、昔から風邪のひき初めにネギを食べる習慣があるのはこのためだといわれています。

β-カロテン

β-カロテンは、体内でビタミンAに変わります。

強力な抗酸化作用により皮膚や粘膜を丈夫にし、免疫力をアップするので、風邪の予防に効果があるとされています。

β-カロテンは脂溶性であり、油を取り入れると吸収率を高めることが可能。

料理の仕上げにオリーブオイルをかけると効果的です。

ビタミンC

ビタミンCが含まれていて、シミやソバカスの予防やコラーゲンの生成など、美肌に対する効果が期待できます。

抗酸化力が高く、ストレスや老化予防に対しても有効とされています。

ビタミンCは熱に弱いので、加熱する場合はサッと炒める程度にしておいたほうがいいでしょう。

その他

ネギの白い部分には、アリシンやビタミンCが多く含まれていて、緑の部分には、β-カロテン・カルシウム・ビタミンK・カリウムなどが豊富に含まれています。

万能ねぎやあさつきに多く含まれているカリウムは、塩分を排出し、高血圧を予防する効果が期待できます。

抗酸化作用があるセレンは、ビタミンEと助け合い、がんを予防する効果があるとされています。

ネギの主な効果

風邪予防・のどの痛みの緩和・血栓予防・心筋梗塞予防・がん予防・スタミナ強化・血行促進・高血圧の予防、改善・便秘の予防、改善

ネギの主な栄養成分

アリシン・ビタミンC・β-カロテン・カルシウム・ビタミンK・カリウム・ネギオール・葉酸

 
【ネギの特徴などはコチラ】
▶▶▶ネギの特徴とは?種類や旬・産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。