アボカドのカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

アボカド

アボカドのカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】187kcal・可食部100g当たり

【糖質】0.9g

アボカド(1個)のカロリー

【カロリー】262kcal

アボカド(半分)のカロリー

【カロリー】131kcal

アボカドのカロリー一覧

名称 内容量 カロリー
アボカドのスムージー 1人前(200g) 192kcal
アボカド丼 1人前 656kcal
アボカドパスタ 1人前 665kcal
アボカドバーガー 1人前 447kcal
アボカドドリア 1人前 748kcal
アボカドグラタン 1人前 346kcal
アボカドトースト 1人前 436kcal
アボカドとサーモンのユッケ風 1人前 448kcal
アボカドのポタージュ 1人前 162kcal
ハムとアボカドの冷製パスタ 1人前 357kcal
アボカド納豆 1人前 113kcal
アボカドの天ぷら 1人前 153kcal
サーモンとアボカドのちらし寿司 1人前 612kcal
アボカドサンド 1人前 354kcal
アボカドサラダ 1人前 130kcal
アボカドとクリームチーズのサラダ 1人前 150kcal
アボカドとトマトのサラダ 1人前 146kcal
アボカドポテトサラダ 1人前 223kcal
卵とアボカドのサラダ 1人前 281kcal

アボカドと他の果物類のカロリー比較(可食部100g当たり)

比較
他の果物類のカロリーは、以下のようになっています。

バナナ

スイカ

パイナップル

ウメ

86kcal

37kcal

51kcal

28kcal

ユズ

モモ

ビワ

パパイヤ

21kcal

40kcal

40kcal

38kcal

イチゴ

レモン

ブドウ

グレープフルーツ

34kcal

54kcal

59kcal

38kcal

マンゴー

イチジク

サクランボ

ナシ

64kcal

54kcal

60kcal

43kcal

スモモ

ブルーベリー

メロン

カキ

49kcal

49kcal

42kcal

60kcal

ミカン

キウイ

オレンジ

リンゴ

45kcal

53kcal

39kcal

61kcal

アボカドは187kcalなので、比較すると、カロリーは平均よりもかなり高くなっています。

アボカドの栄養と効果

アボカドの栄養
アボカドに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

オレイン酸・リノール酸・リノレン酸・β-カロテン

アボカドは、果肉の約20%が脂肪で、そのうちの約80%はオレイン酸やリノール酸・リノレン酸などの不飽和脂肪酸。

不飽和脂肪酸は、血液をサラサラにして悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあります。

さらに、抗酸化作用のあるβ-カロテンなども含まれています。

このことから、血管や細胞の酸化を抑え、美肌づくりや動脈硬化の予防に対する効果が期待できます。

ビタミンE

ビタミンEは、抗酸化力が高く、ホルモンのバランスを整えるので、老化を防止する効果が期待できます。

アボカド1個に含まれるビタミンEの量は、1日の目安量の約40%であり、吸収効率もいいです。

カルシウム・鉄・カリウム

アボカドは、ほかの果物と比較してたんぱく質が多く、フルーツの中では最高の含有量を誇ります。

ミネラルでは、カルシウムや鉄・カリウムなどが含まれています。

カリウムは、毎日の食生活の中では不足しやすい栄養素。

体内にたまった余分なナトリウムを排出するので、むくみや高血圧予防に有効とされています。

ビタミンB群

ビタミンB2やビタミンB6・ビタミンE・葉酸などのビタミンB群が豊富に含まれています。

ビタミンB2は、脂質の分解を促す作用があり、肥満予防に対しての効果が期待できます。

ビタミンB6は、たんぱく質や脂質の代謝をサポートします。

葉酸は、赤血球をつくる造血作用や認知症の予防効果が期待できます。

その他

便通を良くする働きがある食物繊維が豊富に含まれていて、からだや肌を若々しくする効果が期待できます。

アボカドの主な効果

がん予防・高血圧の予防、改善・美肌効果・コレステロールの上昇抑制

アボカドの主な栄養成分

オレイン酸・リノール酸・リノレン酸・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンE・β-カロテン・葉酸・カルシウム・鉄・カリウム・食物繊維

 
【アボカドの特徴などはコチラ】
▶▶▶アボカドの特徴とは?旬や産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。