梨(ナシ)のカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

ナシ

梨のカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】43kcal・可食部100g当たり

【糖質】10.4g

梨(1個)のカロリー

【カロリー】110kcal・255g

梨のカロリー一覧

名称 内容量 カロリー
西洋梨 可食部100g当たり 54kcal
20世紀梨 1個 110kcal
豊水 1個 128kcal
幸水 1個 110kcal
新高 1個 180kcal
サクレの梨 1個(200ml)当たり 113kcal
果物専科 梨ゼリー(たらみ) 1カップ(185g)当たり 127kcal
野菜生活100 日田梨ミックス(カゴメ ) 195ml 81kcal
梨のドライフルーツ 100g当たり 323kcal
洋梨の缶詰 100g当たり 85kcal
洋梨のコンポート 1人前 91kcal
梨のカスタードパイ 1人前 165kcal
洋なしのタルト 1人前 324kcal
ガリガリ君 梨 1食 62kcal
パピコ 梨(グリコ) 1食 81kcal

梨と他の果物類のカロリー比較(可食部100g当たり)

比較
他の果物類のカロリーは、以下のようになっています。

バナナ

アボカド

パイナップル

ウメ

86kcal

187kcal

51kcal

28kcal

ユズ

モモ

ビワ

パパイヤ

21kcal

40kcal

40kcal

38kcal

イチゴ

レモン

ブドウ

グレープフルーツ

34kcal

54kcal

59kcal

38kcal

マンゴー

イチジク

サクランボ

スモモ

64kcal

54kcal

60kcal

49kcal

スイカ

ブルーベリー

メロン

カキ

37kcal

49kcal

42kcal

60kcal

ミカン

キウイ

オレンジ

リンゴ

45kcal

53kcal

39kcal

61kcal

梨は43kcalなので、比較すると、カロリーは平均くらいになっています。

梨の栄養と効果

ナシの栄養
梨は、食べやすく、吸収のよいエネルギー源になるので、運動後や体力低下時・朝の栄養補給・疲労回復などにおすすめ。

成分の約90%が水分で利尿作用があり、からだのほてりを冷まし、口の渇きをいやしてくれます。

また、高熱による脱水症状を緩和する働きもあり、発熱や暑気あたり・日射病の改善にも有効とされています。

 
梨に含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

プロテアーゼ

たんぱく質を分解する酵素のプロテアーゼが含まれていて、肉類の消化を助ける働きがあります。

肉料理に不足しがちな食物繊維が補えるので、口直しにデザートとして食べるといいでしょう。

ただ、からだを冷やす作用があるので、産後や冷え症の人の多食は避けたほうが無難です。

サポニン

梨に含まれるサポニンは、喉の炎症や咳を鎮めるのに有効といわれていて、漢方では風邪に処方されています。

また、抗酸化によるアンチエイジングにも有効です。

その他

梨特有の清涼感のある甘みのもとは、甘味料としても使われるソルビトール

整腸作用があるので、腸の健康保持に役立ちます。

クエン酸やリンゴ酸・アスパラギン酸が含まれていて、疲労回復に対する効果が期待できます。

カリウムが豊富に含まれていて、体内の余分な水分と塩分を排出し、高血圧やむくみによる冷えを改善します。

排出した水分も補えるので、一石二鳥です。

フラボノイドであるエピカテキンが含まれていて、血管を動脈硬化から守る作用が期待できます。

 
梨には、ザラザラとした独特の食感がありますが、これは、石細胞(せきさいぼう)という果肉の細胞壁によるもの。

その細胞内に、リグニンやペントザンなど、難消化性の食物繊維が含まれています。

消化されにくく腸を刺激するため、便秘の予防や改善に役立ちます。

 
糖尿病や暑気あたりの口渇には、梨の薄切りを冷水に半日ほど漬け、ひたし汁ごと飲むと良いといわれています。

声がよく出ない時、せきとたんには搾り汁でうがいをすると効果的になります。

梨の主な効果

高血圧の予防や改善・疲労回復・整腸作用・消化促進

梨の主な栄養成分

食物繊維・プロテアーゼ・クエン酸・リンゴ酸・カリウム・サポニン・ソルビトール・アスパラギン酸・エピカテキン

 
【梨の特徴などはコチラ】
▶▶▶梨(ナシ)の特徴とは?種類や旬・産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。