落花生(らっかせい)のカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

らっかせい

落花生のカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】562kcal・可食部100g当たり

【糖質】11.4g

落花生(1個)のカロリー

【カロリー】3kcal

落花生(生)のカロリー

【カロリー】15kcal・1個

落花生のカロリー一覧

名称 内容量 カロリー
ピーナッツ豆腐 1丁(300g) 315kcal
ゆで落花生 30g 86kcal
ピーナッツバター 10g 64kcal
ピーナッツチョコレート(でん六) 1袋 (78g)当たり 452kcal
ピーナッツチョコレート(不二家) 1粒(4.6g)当たり 26kcal
珈琲ピーナッツ(ダイソー) 1袋 (70g)当たり 393kcal
粒もちピーナッツ(ローソン) 1袋(80g)当たり 428kcal
落花生甘納豆 1個 50kcal
殻付きピーナッツ 1個 12kcal
落花生せんべい 1枚 64kcal
落花生クッキー(ミスターイトウ) 1枚 41kcal
揚げ塩落花生 1人前 206kcal
落花生の甘煮 1人前 96kcal

落花生と他の豆類のカロリー比較(可食部100g当たり)

比較
他の豆類のカロリーは、以下のようになっています。

そら豆

ぎんなん

さやいんげん

グリーンピース

108kcal

187kcal

23kcal

93kcal

さやえんどう

枝豆

大豆

36kcal

138kcal

164kcal

180kcal

落花生は562kcalなので、比較すると、カロリーは平均よりもかなり高くなっています。

落花生の栄養と効果

らっかせいの栄養
落花生は、カロリーが高いので、食べすぎに注意が必要な食べ物。

落花生に含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

ビタミン

落花生には、ビタミンB1やビタミンB6・葉酸・ナイアシン・パントテン酸などのビタミンB群や、ビタミンEなどが豊富に含まれています。

ビタミンB1は、炭水化物の代謝を助け、疲労物質の発生を抑えて疲労回復に優れた効果を発揮します。

ビタミンB6は、たんぱく質の代謝と深い関係があり、ホルモン機能を調整する働きなどがあります。

 
ナイアシンには、エネルギー代謝のみならず、アルコール代謝を促す作用があります。

ビタミンEは、血管をきれいにして血行を良くすると共に、ホルモンのバランスを整えるので、冷え性や月経不順・更年期障害などに有効とされています。

抗酸化作用が高いので、老化予防や美肌作りに対する効果も期待できます。

コリン・レシチン

ビタミンB群の一種であるコリンと、脂質の一種のレシチンが含まれています。

脳の働きを活性化させる働きがあるとされ、記憶力の低下を予防してくれる効果が期待できます。

レシチンには、肝臓の働きを助けてコレステロールを減らしたり、血管にたまったコレステロールの排泄を促したりする作用もあります。

レスベラトロール

落花生には、ブドウの皮にも含まれているレスベラトロールというポリフェノールの一種があります。

強い抗酸化作用によって血中コレステロールの酸化を抑えて血液をサラサラにし、心臓病やがんを防ぐ効果があるとあるとされています。

その他

落花生は、実ばかりでなく、殻についている薄皮にも優れた効果があります。

赤茶色の成分はポリフェノールであり、抗酸化力が高く、悪玉コレステロールを減少させたり、動脈硬化を予防する効果が期待できます。

落花生は、ゆでても炒めても栄養価はほとんど変わらないのですが、ゆでたほうが食べやすくなりますし、栄養の吸収率もよくなります。

 
脂質には、オリーブオイルと同じオレイン酸が豊富に含まれていて、血液中のコレステロール値や中性脂肪値を減らし、動脈硬化を予防してくれる効果が期待できます。

また、酢に1週間ほど漬けたものを毎朝10粒ずつ食べると、高血圧に有効とされています。

 
東洋医学で、落花生衣(らっかせいい)と呼ばれる薄皮には止血作用があります。

実よりも50倍も効果あるとされています。

中国では、薄皮から抽出した薬剤を用いて、血友病や血小板減少などの治療が行われています。

落花生の主な効果

コレステロールの上昇抑制・動脈硬化の予防・高血圧の予防、改善・整腸作用

落花生の主な栄養成分

ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンE・葉酸・ナイアシン・パントテン酸・オレイン酸・コリン・レシチン・レスベラトロール・チロシン

 
【落花生の特徴などはコチラ】
▶▶▶落花生(らっかせい)の特徴とは?旬や産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。