チンゲン菜のカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

チンゲンサイの栄養
チンゲン菜は、ほのかに甘みがある淡白な味わいがあり、煮くずれしない野菜。

やわらかくくせがないので、どんな料理にも合わせやすいのが特徴になります。

 
アクがないので下ゆでの必要なく、油と一緒に摂ることでビタミンやミネラルの吸収率がアップします。

火を通すと鮮やかな緑色になりますが、油で炒めたり、ゆでる時に少量の油を加えると、さらにきれいな色になります。

 
今回は、そんなチンゲン菜のカロリー一覧と糖質・栄養や効果について紹介したいと思います。

チンゲン菜のカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】9kcal・可食部100g当たり

【糖質】0.8g

チンゲン菜(ゆで)のカロリー

【カロリー】11kcal・100g当たり

チンゲン菜のおひたしのカロリーと糖質

【カロリー】12kcal・70g

【糖質】1.0g

チンゲン菜の炒め物のカロリーと糖質

【カロリー】52kcal・75g

【糖質】1.3g

チンゲン菜と卵炒めのカロリー

【カロリー】86kcal・1人分

チンゲン菜のベーコン炒めのカロリー

【カロリー】190kcal・1人分

豚肉とチンゲン菜のオイスター炒めのカロリー

【カロリー】192kcal・1人分

鶏肉とチンゲン菜の中華炒めのカロリー

【カロリー】335kcal・1人分

エビとチンゲン菜の炒め物のカロリー

【カロリー】254kcal・1人分

ホタテとチンゲン菜の中華炒めのカロリー

【カロリー】206kcal・1人分

チンゲン菜とハムのミルク煮のカロリーと糖質

【カロリー】117kcal・195g

【糖質】8.3g

チンゲン菜のクリーム煮のカロリーと糖質

【カロリー】142kcal・60g

【糖質】9.5g

厚揚げとチンゲン菜の旨煮のカロリー

【カロリー】269kcal・1人分

チンゲン菜のきのこあんかけカロリー

【カロリー】32kcal・1人分

チンゲン菜の浅漬けのカロリー

【カロリー】18kcal・1人分

チンゲン菜としめじの中華和えのカロリー

【カロリー】49kcal・1人分

チンゲン菜のスープのカロリー

【カロリー】80kcal・1人分

チンゲン菜の煮浸しのカロリー

【カロリー】87kcal・1人分

チンゲン菜ともやしの味噌汁のカロリー

【カロリー】30kcal・1人分

豚肉とチンゲン菜の焼きそばのカロリー

【カロリー】660kcal・1人分

チンゲン菜のごま和えのカロリー

【カロリー】15kcal・1人分

チンゲン菜とまいたけのソテーのカロリー

【カロリー】45kcal・1人分

チンゲン菜と他の野菜のカロリー比較

比較
他の野菜のカロリーは、以下のようになっています。

春菊

小松菜

水菜

三つ葉

22kcal

14kcal

23kcal

76kcal

ピーマン

レタス

パプリカ

セロリ

22kcal

12kcal

30kcal

15kcal

ネギ

クレソン

空芯菜

モロヘイヤ

34kcal

10kcal

17kcal

38kcal

もやし

ししとう

トマト

ニラ

14kcal

27kcal

19kcal

21kcal

チンゲン菜は9kcalなので、比較すると、カロリーは平均よりも低くなっています。

チンゲン菜の栄養と効果

チンゲンサイ
チンゲン菜は、代表的な中国野菜のひとつ。

肉厚で淡い緑色の茎とスプーン型の葉をしていて、ミネラル類が多く、栄養価の高い緑黄色野菜になります。

β-カロテン・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類が含まれていて、強い抗酸化作用があるので、高血圧や動脈硬化を予防する効果が期待できます。

また、メラニン色素の沈着を抑えて美肌効果を高めたり、肌のキメを整えたりといった美容効果も期待できます。

β-カロテン

β-カロテンが含まれていて、強い抗酸化力があり、がんや高血圧など生活習慣病の予防効果が期待できます。

また、粘膜や皮膚のコンディションを高めるので、老化防止に対しても有効とされています。

β-カロテンの含有量は多く、ブロッコリーの約2.5倍・ピーマンの約5倍もあり、油脂や油脂を含む食品と一緒に調理すると摂取しやすいです。

ビタミンC

ビタミンCが含まれていて、風邪の予防や免疫力アップ・ストレスの軽減・シミやそばかすを予防し、肌をきれいにするなどの効果が期待できます。

ビタミンCの損失を防ぐためにも、加熱は短時間にしたほうがいいでしょう。

カルシウム

骨の強化に欠かせないミネラルであるカルシウムが、ほうれん草の2倍以上も含まれています。

育ち盛りの子どもだけでなく、更年期以降に増える骨粗しょう症の予防に対しても有効とされています。

カルシウムは、たんぱく質とビタミンDを含む食材といっしょに摂取すると、吸収率が高まります。

イソチオシアネート

チンゲン菜をはじめ、アブラナ科の植物に多く含まれているイソチオシアネートは、ピリッとした辛み成分。

消化を助けたり、血栓を防いでがんを予防する効果があるとされています。

その他

ビタミンKが含まれていて、止血作用があります。

カリウムが含まれていて、血圧の安定に有効に作用するので、高血圧の予防に対しての効果が期待できます。

チンゲン菜の主な効果

抗酸化作用・がん予防・生活習慣病予防・高血圧の予防、改善・疲労回復・骨粗しょう症予防

チンゲン菜の主な栄養成分

鉄・β-カロテン・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンK・カルシウム・イソチオシアネート・カリウム

 
【チンゲン菜の特徴などはコチラ】
▶▶▶チンゲン菜の特徴とは?種類や旬・産地なども紹介

スポンサードリンク




あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。