オレンジのカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

オレンジ

バレンシアオレンジのカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】39kcal・可食部100g当たり

【糖質】9.0g

オレンジのカロリー一覧

名称 内容量 カロリー
バヤリース オレンジ 100ml当たり 42kcal
午後の紅茶 マイスターズオレンジティー 100ml当たり 9kcal
紅茶花伝 贅沢しぼりオレンジティー 100ml当たり 27kcal
Qoo わくわくオレンジ 100ml当たり 45kcal
特濃オレンジスカッシュ(三ツ矢) 100ml当たり 52kcal
ウェルチ オレンジ100 100ml当たり 48kcal
オランジーナ ブラッドオレンジ 100ml当たり 52kcal
つぶつぶオレンジ(サンガリア) 100ml当たり 25kcal
豆乳飲料 オレンジヨーグルト味(マルサン) 100ml当たり 54kcal
ファンタオレンジ(コカ・コーラ) 100ml当たり 46kcal
HI‐C オレンジ(コカ・コーラ) 100ml当たり 42kcal
なっちゃん オレンジ(サントリー) 100ml当たり 44kcal
カルピス 手摘みオレンジ 100ml当たり 53kcal
100%オレンジ(サンキスト) 200ml 92kcal
FUTABA サクレ オレンジカップ 200ml 100kcal
トロピカーナ 100%オレンジ 300ml当たり 155kcal
オレンジ果汁100%(セブンイレブン) 450ml 90kcal
ウィルキンソン タンサン オレンジ 500ml当たり 0kcal
ドライオレンジ 100g当たり 348kcal
オレンジピール 100g当たり 296kcal
オレンジフーセンガム(丸川製菓) 1箱(4粒) 17kcal
メルティーキッス くちどけブランデー&オレンジ 1箱(4本) 326kcal
100%オレンジジュース 1杯 84kcal
ブラッドオレンジジュース 1杯 83kcal
トロピカーナ オレンジジュース 1杯 110kcal
ミニッツメイドオレンジ M(マクドナルド) 1杯 146kcal
オレンジママレードのカロリー(アヲハタ) 大さじ1(20g)当たり 33kcal
オレンジのパウンドケーキ(ナチュラルローソン) 1個 355kcal
オレンジのタルト(シャトレーゼ) 1個 286kcal
オレンジデニッシュロール(神戸屋) 1個 321kcal
オレンジカスタードデニッシュ(神戸屋) 1個 296kcal
もちもちとしたオレンジブレッド(ヤマザキ) 1個 350kcal
ララクラッシュ オレンジ味 1個 7kcal
果汁グミ オレンジ果汁100% 1袋 79kcal
オレンジとショコラのクッキー(無印良品) 1袋 311kcal
オレンジシフォンケーキ 1人前 197kcal
オレンジゼリー 1人前 74kcal
パルテノ オレンジソース入 1人前 81kcal
キットカット ショコラオレンジ 1人前 64kcal
バレンシアオレンジ100%ジュース(ミスタードーナツ) 1人前 77kcal
アイスの実 濃いブラッドオレンジ(グリコ) 1人前 100kcal
スクイーズスクイーズ オレンジ 1人前 124kcal

オレンジと他の果物類のカロリー比較(可食部100g当たり)

比較
他の果物類のカロリーは、以下のようになっています。

バナナ

アボカド

パイナップル

ウメ

86kcal

187kcal

51kcal

28kcal

ユズ

モモ

ビワ

パパイヤ

21kcal

40kcal

40kcal

38kcal

イチゴ

レモン

ブドウ

グレープフルーツ

34kcal

54kcal

59kcal

38kcal

マンゴー

イチジク

サクランボ

ナシ

64kcal

54kcal

60kcal

43kcal

スイカ

ブルーベリー

メロン

カキ

37kcal

49kcal

42kcal

60kcal

ミカン

キウイ

スモモ

リンゴ

45kcal

53kcal

49kcal

61kcal

オレンジは39kcalなので、比較すると、カロリーは平均よりも少し低くなっています。

オレンジの栄養と効果

オレンジの栄養
オレンジに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

ビタミンC

オレンジは、ビタミンCの補給に効果的。

オレンジ1個で、ビタミンCの1日の必要量の60%を摂ることができます。

ビタミンCは、コラーゲンの生成促進やシミ予防など美肌作りには欠かせないほか、風邪の予防や坑ストレスなどにも有効になります。

 
ビタミンCを壊さずにとるには生食がいちばん効果的。

オレンジの筋にはビタミンCの吸収を高める働きもあるので、生のまましぼって繊維まで摂取しましょう。

ペクチン・ヘスペリジン

袋には、食物繊維のペクチンやヘスペリジンが含まれています。

ペクチンは、便秘解消やコレステロールの低減に有効。

ヘスペリジンは、ビタミンCを安定させ働きを強化するため、抗酸化力が高くなります。

また、血液中の中性脂肪を分解する働きもあり、がんや生活習慣病・動脈硬化・肥満の予防に対する効果が期待できます。

クエン酸

柑橘類の酸味のもとであるクエン酸は代謝を促すので、疲労回復に効果的

また、カルシウムや鉄など、ミネラルの吸収率を上げる働きもあります。

その他

白い筋に含まれているポリフェノールには、高血圧や動脈硬化を予防する効果が期待できます。

薄皮や白い筋に含まれているビタミンPは、毛細血管を丈夫にし、血圧の上昇を抑制する働きがあるとされています。

赤いオレンジの色素で、抗酸化力があるアントシアニンが含まれています。

 
柑橘類特有の香り成分であるリモネンが含まれていて、心身の緊張をほぐし、気持ちを前向きにする効果が期待できます。

脂質の代謝を防ぐイノシトールが含まれていて、脂肪肝の予防に対して有効とされています。

オレンジの主な効果

美肌作り・風邪の予防・便秘解消・がん、生活習慣病、動脈硬化、肥満の予防・疲労回復・血圧の上昇抑制・気持ちを前向きにする・脂肪肝の予防

オレンジの主な栄養成分

ビタミンB1・ビタミンC・ビタミンP・葉酸・食物繊維・ポリフェノール・クエン酸・アントシアニン・リモネン・イノシトール

 
【オレンジの特徴などはコチラ】
▶▶▶オレンジの特徴とは?旬や産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。