エビチリのカロリーと特徴


エビチリのカロリー

食べ物のカロリー
エビチリは、材料やレシピにもよりますが、一般的な食材を使うと、1人分においては150キロカロリー前後になります。

 
他の中華料理においては、

●酢豚:500キロカロリー
●棒棒鶏(バンバンジー):200キロカロリー
●レバニラ炒め:250キロカロリー
●青椒肉絲(チンジャオロース):300キロカロリー
●肉団子の甘酢あん:350キロカロリー

など、カロリーが高いものが多いですが、エビチリはかなり低くなっています。

これは、油などの調味料は使うものの、材料にエビ以外をほとんど使っていないからであり、シンプルな料理だからこそカロリーは低くなっています。

 
カロリーがそれほど高くないエビチリですが、食べごたえがあるので夕食などに向いています。

「ダイエット中だけど中華料理が食べたい」という人に、おすすめできる料理になります。

エビについて

エビの種類
エビチリに使われているエビにはいろいろな種類があります。

アマエビやクルマエビ・イセエビ・ブラックタイガーなどが日本でよく食べられていますが、このほかにもさまざまな種類があります。

低カロリーであり、栄養面ではDHAやEPA・カルシウムなどが豊富に含まれています。

 
エビについての詳しい内容は、こちらの記事で紹介しています。

エビチリの特徴

エビチリは、うま味たっぷりのエビを、香味と辛みのきいたトマト味のソースでからめたもの。

中華料理屋さんでよく見かけるほか、家庭などでもよく作られています。

エビのプリプリした食感を味わえるので、エビ好きにはたまらない美味しさがあります。

また、ソースとの相性がとても良いので、人気の中華になっています。

エビチリの関連動画

【基本のお料理】エビチリの作り方【簡単】
↓ ↓ ↓


動画なので、細かい部分もよくわかりますよ

スポンサードリンク




あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。