うどの特徴とは?旬や産地なども紹介

うど

うどの特徴

うどは、東アジアが原産で、日本や中国・朝鮮半島などに自生している野菜です。

若葉・つぼみ・芽・茎の部分を食用としますが、野生のものと栽培されたものがあります。

野生のものは緑色をしていますが、栽培されているものは地下で育てるので、全体的に白い色をしています。

一般的にうどと呼ばれるものは、太陽の光が当たらない室(むろ)で軟化栽培したものになります。

 
江戸時代になると、白く長いうどが栽培されるようになりましたが、それまでは、山野に自生していた若い芽を摘んで食べていました。

独特な香りとシャキッとした歯ざわりが特徴であり、関東ローム層が栽培に向いているので、今では東京の名産品になっています。

 
うどは1~2mほどであり、風がなくてもゆらゆら揺れています。

ここから、見かけが大きいだけで役に立たない人を、ウドの大木とあらわすようになりました。

やまうど(山独活)

やまうどのほうが、普通のうどより香りもアクも強くなっています。

以前は山野に自生するものをやまうどと呼んでいましたが、現在では栽培されたもののことを指します。

うどの旬

旬のカレンダー
うどの旬
天然物のうどは、収穫できる時期が短く、3月~5月が旬になります。

この時期に獲れるうどは春うどと呼ばれ、香りがよく、やわらかいものになります。

南のほうが旬が早く、3月ごろから旬が始まり、関西から本州は4月ごろ、東北では5~6月初旬ごろが旬になります。

 
うどは、東北地方が主な産地になるのですが、東北地方での出荷が始まると、初夏が始まったともいえます。

また、11~2月ごろに獲れるうどは寒うどと呼ばれています。

うどの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成22年統計 参照)

栃木県
全国収穫の34.6%の構成比 1,205t
群馬県
全国収穫の27.7%の構成比 962t
秋田県
全国収穫の9.3%の構成比 322t

群馬・栃木・東京などで栽培されたものが1年中出まわっています。

うどの上手な選び方

  • 全体的にうぶ毛が生えていて、みずみずしいもの。
  • 持った時にずっしりと重いもの。
  • 穂先がピンと張っているもの。
  • 丈が短く、切り口から先まで同じ太さのもの。

スポンサードリンク







あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。