吉野家やすき家の牛皿のカロリーはどれくらいなの?

牛皿のカロリー(吉野家・すき家・松屋)と特徴

牛皿のカロリーはどれくらいなの?

牛皿は、牛丼とは違ってお肉だけを皿に盛りつけた料理。

牛皿+ご飯+生野菜・みそ汁・生卵など、定食的な食べ方が好まれています。

また、生卵にお肉をつけて食べる「すき焼き」みたいな食べ方をされる方が多く、牛丼とは違った楽しみ方が可能です。

 
牛丼よりはカロリーが低いですが、お肉のカロリー自体がそもそも高いので、野菜などと比べるとカロリーはどうしても高くなっています。

吉野家・すき家・松屋などの並の場合だと、300kcalくらいはありますね。

すき家で販売されている牛皿定食は、ご飯+牛皿+生卵+みそ汁+おしんこのセットで872kcalもあるので、セットで注文するとカロリーはかなり高いですよ。

牛皿(すき家)のカロリー

食べ物のカロリー
【ミニ】
219kcal

【並盛】
317kcal

【中盛】
460kcal

【2倍盛】
622kcal

【3倍盛】
927kcal

【4倍盛】
1232kcal

【5倍盛】
1536kcal

牛皿(吉野家)のカロリー

【並盛】
257kcal

【大盛】
315kcal

【特盛】
486kcal

牛皿(松屋)のカロリー

【並盛】
262kcal

【大盛】
330kcal

 
牛皿の並盛を、すき家と吉野家・松屋で比較した場合、松屋がもっともカロリーは低くなっています。

カロリーを減らすためにはどうすればいいの?

牛皿自体のカロリーは高めなので、減らすためにはサイズを調整する必要があります。

吉野家の場合だと、並盛からミニに変更するだけでも317kcal→219kcalになるので、100kcalほど少なくなりますよ。

後は、ご飯の量を調整するとカロリーはさらに減りますね。

牛皿をご飯なしで食べる方は少ないと思いますが、ご飯はカロリーが高いので、少なくしてカロリーを減らしましょう。

スポンサードリンク




あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。