ぶり大根のカロリーと特徴

ぶり大根

ぶり大根のカロリー

食べ物のカロリー
ぶり大根は、レシピにもよりますが、1人分においては300キロカロリー前後になります。

他の魚のおかずのカロリーは、

●鮭の塩焼き(鮭の甘塩 140g):187キロカロリー
●さんまの塩焼き(さんま 150g):317キロカロリー
●ぶりの照り焼き(ぶり 100g):371キロカロリー
●かれいの煮つけ(かれい 130g):267キロカロリー
●金目鯛の煮物(金目鯛 100g):311キロカロリー
●さばの味噌煮(さば 100g):271キロカロリー
●さばの竜田揚げ(さば 80g):242キロカロリー
●あじの南蛮漬け(あじ 100g):223キロカロリー

となっています。

ぶり大根は、ぶりや大根に加え、砂糖やみりんなどの調味料を使っているので、カロリーは平均より少し高くなっています。

ぶりについて

ブリの栄養
ぶりは、日本ではよく食べられている魚であり、スーパーでは切り身や刺身などが販売されています。

旬である冬の時期は寒ぶりと呼ばれていますが、脂がのってとても美味しいです。

栄養面では、DHAやEPAなどが、魚の中でトップクラスに含まれています。

 
ぶりについての詳しい内容は、こちらの記事で確認することができます。

ぶり大根の特徴

ぶり大根は、相性のいいぶりと大根を煮込んだ、冬の煮物の代表格。

冬によく作られる料理であり、脂ののったぶりと味のしみた大根がたまらない、ごはんがすすむ一品になります。

ぶり大根は、作るのに少し手間がかかりますが、美味しくできた時には誰もが喜ぶ料理といえます。

ぶり大根の関連動画

ブリ大根
↓ ↓ ↓


とてもていねいな説明なので、簡単に作ることができますよ。

合わせてどうぞ

▼ブリに関する記事です▼

スポンサードリンク




あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。