水餃子のカロリーと糖質・栄養成分

水餃子

水餃子のカロリーと糖質・栄養成分

食べ物のカロリー
【カロリー】
169キロカロリー(kcal・1人前)

【糖質】
19.5g

【栄養成分】
たんぱく質:6.7g 脂質:5.7g 塩分:1g

ぷるもち水餃子(冷凍・大阪王将)のカロリー

【カロリー】
211キロカロリー(kcal・100g当たり)

水餃子スープのカロリー

【カロリー】
231キロカロリー(kcal・1人分)

水餃子のカロリー比較

他の中華料理のカロリーは、以下のようになっています。

レバニラ炒め

エビチリソース

肉団子の甘酢あんかけ

ホイコーロー

116キロカロリー(kcal)

159キロカロリー(kcal)

320キロカロリー(kcal)

304キロカロリー(kcal)

麻婆豆腐

麻婆茄子

麻婆春雨

酢豚

263キロカロリー(kcal)

249キロカロリー(kcal)

176キロカロリー(kcal)

453キロカロリー(kcal)

八宝菜

焼餃子

チンジャオロース

バンバンジー

243キロカロリー(kcal)

207キロカロリー(kcal)

264キロカロリー(kcal)

205キロカロリー(kcal)

シュウマイ

エビシュウマイ

小籠包

ユーリンチー

97キロカロリー(kcal)

212キロカロリー(kcal)

73キロカロリー(kcal)

209キロカロリー(kcal)

比較すると、カロリーは低めになっています。

焼き餃子と水餃子のカロリー比較

焼き餃子は207キロカロリーで、水餃子は169キロカロリー。

油を使っていない分、水餃子のほうがカロリーは低くなっています。

水餃子の特徴

水餃子は、皮をやや厚めにつくり、 熱湯でゆでたギョーザの水を切って、タレなどをつけて食べる料理。

どちらかというと、焼き餃子に飽きたり、少しあっさりとした餃子が食べたいなと思うようなときに作る料理であり、ひんぱんに作る人は少ないように思われます。

けれども、食べてみると美味しく、餃子のまた違った魅力を味わえる一品になっています。

タレを変えるだけで味が変わるので、お好みのタレにつけて食べるのがおすすめです。

水餃子の関連動画

ひと手間で肉汁溢れる水餃子
↓ ↓ ↓


とてもわかりやすい動画ですよ。

スポンサードリンク







あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。