コカコーラゼロは太らないの?カロリーや糖分の量は?

コカコーラゼロ
炭酸といえばコーラ、コーラといえば、コカコーラ。

そのまま飲むのも、おやつのお供にも最適なコカコーラ。

 
コーラの美味しさと同じくらい知られているのが、コーラはカロリーが高い。

もちろん炭酸飲料なので、こちらも多少の覚悟はしていますが、それでもカロリーは少ない方がいいですよね。

そこで発売されたのが、コカコーラ ゼロ!

 
え?コーラなのにカロリーゼロ、そんな美味しい話あっていいの?

そんな疑問をお持ちの方へ、コカコーラゼロの正体を教えます。

コカコーラゼロは太らないの?

コカコーラゼロ 太らない
コカコーラゼロは本当に太らないのか?その真相に迫っていきましょう。

そもそも、コカコーラゼロはカロリーゼロなのに、普通のコカコーラとほとんど同じ味(甘さ)なのでしょうか?

その秘密は「人工甘味料」にあります。

 
人工甘味料の秘密は、体に甘み成分だと認識されないため太らないということ。

また、人工甘味料はショ糖よりも高い甘みを持ち、最大で13000倍もの甘みを発揮する成分なのです。

これほど高い甘みを持ち、かつ、カロリーゼロというのが人工甘味料の特徴。

化学の発展とは素晴らしいものですね。

 
コカコーラゼロは、この人工甘味料を使って、普通のコカコーラと同じ味を表現しているというわけです。

これで、コカコーラゼロ飲み放題だ!!と喜んだのもつかの間、実はこの人工甘味料、「健康に良くない」という噂があります。

世の中、全てがうまくいくというおいしい話はないものです。

いったいなにが健康に良くないのでしょうか?

 
少し難しい話になりますが、人工甘味料は先程お話しした通り、「体に甘み成分だと認識されない」成分でできています。

しかし、ある実験によると、体に甘み成分だと認識されない(=糖分ではない)にも関わらず、インスリン(糖尿病の原因)の発生が水よりも多いという結果があるそうです。

インスリンの発生が多いと血糖値が下がりにくくなり、代謝に影響します。

そのため太りやすく、痩せにくくなってしまうのです。

 
飲み過ぎは、体に良くないうえに太るので、注意しましょう。

コカコーラゼロのカロリーや糖分の量は?

コカコーラゼロ カロリー
人間が太る原因はいろいろありますが、一番わかりやすいのは「カロリー」です。

みなさんご存知の通り、コカコーラゼロの「ゼロ」はカロリー「ゼロ」という意味です。

しかし、ここには巧妙な販売戦略が隠されているのです!

 
栄養表示基準が規定されている健康増進法の第31条によると、100mlで5キロカロリー以下であれば「0カロリー」と表示してもよいことになっていますが、厳密にはカロリーはわずかにあるのです。

つまり、コカコーラゼロは厳密にはゼロじゃないのです。

衝撃の事実ですよね…。

 
では、コカコーラゼロのカロリーは、どれくらいなのでしょうか?

実際のカロリーは、海外向け製品のラベルには明記されていますが、その数値は100mlあたり0.27~0.5kcal、250mlあたり0.5~1kcalと表記されており、国によって異なります。

しかし、通常のコカコーラのカロリーは100mlあたり45キロカロリー、500ml缶一本では225キロカロリーなので、コカコーラゼロは、通常のコーラの実質113分の1のカロリー量しかないことになります。
(コカコーラゼロの500ml缶として比較)

ゼロではないものの、通常のコカコーラよりはマシということですね。

さいごに

いかがだったでしょうか。

コカコーラゼロは太らないのか?カロリーはどれくらいなのか?

この2つの疑問にお答えできましたでしょうか。

 
結論としては、

  • カロリーは「ゼロ」ではない
  • 甘さの秘密は「人工甘味料」、摂取しすぎると体に影響が出る可能性がある。

 
ということになります。

どんなにおいしく、好きなものであっても自分の体を壊してしまっては意味がありません。

心から楽しむためにも、用法・用量を守って飲みましょう。

スポンサードリンク




あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。