菜の花(なばな)のカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

ナバナの栄養

菜の花(菜花)のカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】34kcal・100g

【糖質】1.7g

菜の花のカロリー一覧

名称 内容量 カロリー
菜の花のおひたし 70g 24kcal
菜の花のからし和え 70g 28kcal
菜の花(冷凍・業務スーパー) 100g当たり 28kcal
菜の花の天ぷら 1人前 170kcal
菜の花のごま和え 1人前 119kcal
菜の花のペペロンチーノ 1人前 174kcal
菜の花のベーコン巻き 1人前 142kcal
菜の花の彩りおから丼 1人前 641kcal
菜の花とあさりのあえそば 1人前 428kcal
菜の花の卵とじ 1人前 54kcal
にしんの菜の花漬け 1人前 271kcal
菜の花のポタージュ(スープストック) 1人前 101kcal
菜の花のおひたし(セブンイレブン) 1人前 53kcal

菜の花と他の野菜のカロリー比較(可食部100g当たり)

比較
他の野菜のカロリーは、以下のようになっています。

春菊

小松菜

水菜

三つ葉

22kcal

14kcal

23kcal

76kcal

ピーマン

レタス

パプリカ

セロリ

22kcal

12kcal

30kcal

15kcal

ネギ

アスパラガス

しそ

白菜

34kcal

22kcal

37kcal

14kcal

もやし

モロヘイヤ

トマト

ニラ

14kcal

38kcal

19kcal

21kcal

菜の花は34kcalなので、比較すると、カロリーは平均よりも少し高くなっています。

菜の花の栄養と効果

ナバナの調理法
菜の花は、アブラナ科の代表的な野菜であり、ビタミンやミネラルが全般的に豊富でバランスがいいです。

 
鉄分やカルシウム・葉酸などが豊富に含まれていて、貧血や骨粗しょう症を予防してくれる効果が期待できます。

食物繊維が豊富で、便秘解消や大腸がんをの予防に対して有効です。

 
β-カロテン・ビタミンB2・ビタミンEなどが含まれていて、免疫力を高めストレスからからだを守ってくれます。

オリーブ油やゴマ油を使って調理すると、菜の花に含まれているβ-カロテンを効率よく摂取することができます。

ピリッとする辛み成分のイソチオシアネートは、がんの予防に対しての効果が期待できます。

ビタミンCの含有量は野菜の中でもトップクラスであり、風邪の予防やせきの症状をやわらげる作用があります。

菜の花の主な効果

がん予防・高血圧の予防、改善・老化抑制・骨粗しょう症予防

菜の花の主な栄養成分

鉄分・カルシウム・葉酸・食物繊維・β-カロテン・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE・イソチオシアネート

 
【菜の花の特徴などはコチラ】
▶▶▶菜の花(なばな)の特徴とは?旬や産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。