梅干しは風邪や便秘・下痢に効果的

風邪の特徴

梅干し 風邪統計によると、日本人は平均して1年間に5回は風邪をひくといわれています。
見方を変えると、6回以上風邪をひく人は風邪をひきやすい人になるわけで、そういう人は日頃の体質強化が望まれます。

日本では古くから、風邪の時には卵酒やくず湯・ショウガ湯などを飲むと良いといわれてきましたが、現在でも薬膳の一部として民間療法に使われています。

風邪の原因の8~9割は、ウイルス感染によるものです。
ウイルスだけでも200以上の種類があり、毎年のように学級閉鎖の原因となるインフルエンザウイルスは、低温で乾燥した冬が絶好の活動期となっています。

夏よりも冬に風邪が流行しやすいのは、このインフルエンザが伝染力の非常に強いウイルスであることや、冬は空気が冷たく乾いているため、のどや鼻の粘膜が弱りやすいことがあげられます。
また、冬は窓を閉め切りがちになりますが、感染者が1回くしゃみをすると、5000個から10000個のウイルスが吐き出され、3mも飛ぶといわれています。

その後、ウイルスは室内の空気の流れに沿って1~2時間はただよっていますから、それだけ同室の人の感染率も高くなるというわけです。

風邪は軽く考えがちですが、市販の風邪薬で治るのは、いわゆる鼻カゼと呼ばれるものくらいであり、インフルエンザはもとより、風邪をこじらせて気管支炎を起こしたものは、市販の風邪薬ではなかなか治りません。

無理をすると症状が悪化することが多いので注意する必要があり、風邪をひいたと思った時は、無理をせずに休息を取り、からだを冷やさないことが根本的な治療法になります。
加えて十分な栄養をとって、抵抗力を高めることが大事になってきます。

スポンサーリンク

梅干し茶は風邪の発熱や頭痛をやわらげる

梅干し茶梅干しを湯のみ茶碗に数個入れて、箸などでつぶした後、熱いお茶を入れてよくかき混ぜると梅干し茶ができます。
その梅干し茶におろしショウガやネギを刻んで混ぜて飲みます。
すると、ネギの発汗効果が効力を発揮し、熱が下がってきますが、さらに頭痛もやわらげてくれます。

漢方でいうところのショウガ湯の効果をプラスしたような効き目があり、からだもじっくりと温かくなります。

 
●梅干し茶の詳しい説明はコチラ ⇒ 梅干し茶は昔ながらの特効薬

梅干し湿布は風邪が原因の鼻詰まりやへんとう線の腫れに効果を発揮する

湿布

風邪が原因のへんとう線の腫れや鼻詰まりには、梅干しの果肉をつぶした 梅干し湿布が効果を発揮します。

梅干し湿布とは、梅干しの種を取り除いて包丁で細かくたたいてペースト状にしていき、ガーゼにすり込んだものです。

これを患部に貼り付け、水気が無くなったら交換するのを繰り返していくうちに、不思議と腫れや鼻詰まりが治ってきます。

梅干しの黒焼きが風邪の特効薬になる

金網風邪の特効薬として、いちばん多く使われてきたのが、梅干しの黒焼きです。

梅干しの黒焼きとは、梅干しをアルミホイルで3重ほどに包み、金網にのせて少しずつ1時間ほど弱火であぶり、梅干しの皮がパリパリになり黒く変化したものです。

ある程度は焦げてもかまわないので、じっくりと焼くほうが良いと思います。
これを湯のみ茶碗に入れ、熱湯を注ぎ箸でくずしながら飲むと、発汗作用を促しせきもしずまります。

●梅干しの黒焼きの詳しい説明はコチラ ⇒ 梅干しの黒焼きの効果

白梅酢は風邪でのどが痛い時に効き目がある

白梅酢には強い殺菌作用や抗菌作用があります。

風邪でのどが痛いなと感じた時は、白梅酢を10倍程度の水もしくはぬるま湯でうすめて、1日に何回もうがいをすることをおすすめします。

この方法を試してみるとのどの負担が少なくなり、外から帰宅した時などはこの梅酢でうがいをすれば風邪の予防にもなります。

梅干しの水あめはせき止めや百日ぜきをおさめてくれる

子供の飴

梅干しのさねの中には、古くからせき止めや痛み止めの薬の原材料になるという粒が入っています。

これをすりつぶして水あめと混ぜ合わせれば、子供でも飲みやすい梅干しの水あめが完成します。
スプーン1杯だけでもなめてみると、思いがけずせきがおさまります。

梅干の水あめの作り方は、

  1. 梅干しの種(10個くらい)をペンチなどで割って中に入っている仁を出して、すり鉢などですりつぶしていきます。
  2. 鍋に水を少し入れて、すりつぶした仁を加えて火にかけます。
  3. 沸騰したら弱火にして半分の量まで煮詰め、大さじ3~4杯の水あめをプラスしてもう一回煮詰めていきます。
  4. よく混ぜてとろみがついたら完成です。

梅ジュースはキツイぜんそくに効果的

梅ジュース青梅の砂糖漬けのシロップを、水やソーダ水で割って作る梅ジュースは、 ぜんそくやアレルギー体質に効果があると考えられています。

青梅のエキスをしっかりと抽出したシロップとなるので、子供やお酒に抵抗がある人にもおすすめできます。

暑い時期はソーダ水でわってスッキリとし、寒い時期はお湯で割って飲めば体も温まります。

梅干し入りの水で風邪予防

一般に風邪やインフルエンザのウイルスは、鼻や口からのどを通って感染します。

風邪を予防するため、外出し帰宅した時には梅干し入りの水でうがいをするとよく、コップ1杯の水に梅干しを入れ、はしなどで梅干しをつぶし、のどと口の中を洗います。

梅干しには抗菌作用があり風邪の予防に有効ですが、うがいはのどを適度に刺激して、粘液の分泌や血行を促す効果などもあります。

便秘の特徴と原因

便秘

便秘とは、便が腸内に詰まっていて排便されないまま数日以上継続する状態のことを意味し、排便が週に2回もしくは1回以下だと便秘ということになります。

日本人に多い便秘は弛緩性(しかんせい)便秘といわれるもので、大腸の筋肉がゆるみ、便を押し出す、つまりぜんどう運動のはたらきが弱くなることによって発生します。
ぜんどう運動は朝が最も活発ですから、朝食を正しくとれば大腸のぜんどう運動が促進され、 それにより便意をもよおし、排便となります。

便秘の原因として、朝食を食べない・運動不足・水分不足・栄養が偏っている・トイレを我慢するなどがあり、取りわけ最も大きな理由が朝食を食べないことです。
若い世代に多いのですが、日本人の約10人に1人が朝食をとらずに出勤したり学校へ行ったりしているのです。

便秘を解消するには、こういった食生活を改善することが大切だと考え、確実に朝食をとることがまず第一に大切だといえます。

便秘と梅干し

トイレ梅干しに含まれているクエン酸やリンゴ酸などの有機酸は、整腸作用があることが知られています。

梅干しは腸内で悪玉菌が繁殖するのをおさえ、大腸のぜん動運動を生き生きとさせるので、便秘の改善に効果があります。
また、梅干しを口にすれば、唾液が出て食欲がわき、何となく食事をする気分になれると思いますので、朝に梅干しを1粒食べることからチャレンジすることをおすすめします。

朝食で梅干しを食べることを習慣にすれば、がんこな便秘を解消することができます。

スポンサーリンク

便秘による肌荒れや肌のトラブルに

肌荒れ便秘や下痢は女性にすれば大きな悩みです。

とくに便秘が続きますと肌荒れなどといったことの引き金にもなり、美容の大敵ではないでしょうか?

この肌荒れを防ぐために簡単に始めることができることが、梅干しを食べることです。
梅干しを食べると胃腸が元気になり、腸内の殺菌もしてくれますから、体の内側から美しくなり肌荒れも解消されます。

また、荒れた肌の場合には、塩分を抜いた梅干しをつぶし、 湯や水を加えて薄め、それを荒れた肌にすり込むと効果を発揮します。

梅干し緑茶が下痢止めや下痢の予防や改善に効果的

緑茶梅干しと緑茶を組み合わせて口にすると腸の動きが元気になり、特に下痢止めによい影響を及ぼすと考えられています。

作り方は、細かくたたいた梅干しの果肉を湯のみ茶碗に入れ、緑茶の粉末を加えて混ぜ合わせます。
そこに熱湯を注いで飲むだけの簡単なものであり、腸の水分吸収が強まり、下痢が解消されます。

慢性的な下痢の人は、ぜひともこの梅干し緑茶を飲んでみることをおすすめします。

梅酢と牛乳の組み合わせ

牛乳朝起きた時にコップ1杯の牛乳を飲むことは有効な便秘解消法ですが、なかなか便秘が解消できない時は、梅酢を加えてみるといいです。

もともと牛乳にはラクトースという乳酸成分が含まれていて、善玉菌を増殖させて腸内環境を整える作用があります。
コップ1杯の牛乳に梅酢大さじ1~2杯を混ぜると、さらに腸の動きが活発になって頑固な便秘の解消に役立ちます。

ヨーグルトのような味と食感になり、すっぱさが苦手な人でも飲みやすいと思います。

●梅酢の詳しい説明はコチラ ⇒ 梅酢の特徴と効果

ゴボウと梅干しの組み合わせ

ゴボウ食物繊維は悪玉菌の繁殖を食い止め、腸の中を掃除し、善玉菌を増やすはたらきがあります。

なかでもゴボウは食物繊維が多い食材です。

ゴボウと梅干しを組み合わせれば、相乗効果によってより強力な便秘解消のメニューになりますので、ゴボウを使った料理に梅肉などを混ぜるといいです。

関連記事

コメントは受け付けていません。