パパイヤの特徴とは?旬や産地なども紹介

パパイヤ

パパイヤの特徴

パパイヤは、メキシコ南部が原産。

アメリカ大陸発見後、急速に世界へ広まりました。

果実は10メートルもある高い木からたれ下がっていて、別名ツリーメロンともいいます。

果皮はなめらかで、熟すにつれ、緑色 → 黄色 → オレンジ色になっていきます。

 
パパイヤは、パパヤ(Papaya)と呼ぶのが正解なのですが、日本では瓜(うり)に形が似ていたため、木瓜(もっか)と呼ばれていました。

南国を思わせる特有の香りと、濃厚な甘みや、なめらかな食感が人気です。

加工品には、缶詰やジュース・ゼリーなどがあります。

関連記事

パパイヤのカロリーに関する記事です。


  

パパイヤの旬

旬のカレンダー
パパイヤの旬
輸入物に関しては、1年中出回っているので、旬はありません。

国内産での旬は、5~8月になります。
 

パパイヤの産地

大半が輸入品であり、ほとんどがハワイ産。

国産物は、沖縄・宮崎・鹿児島県などになります。

パパイヤの上手な選び方

  • 傷がなくみずみずしいもの。
  • 皮にシワがなくハリがあるもの。
  • 皮が黄色くなり、甘い香りがしてきたら食べごろです。

スポンサードリンク







あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。