マッシュルームの特徴とは?旬や産地なども紹介

マッシュルームの栄養

マッシュルームの特徴

マッシュルームは、世界中でもっとも多く食べられているキノコであり、世界のキノコの約75%を占めています。

最初に普及したのがパリ近郊であったため、フランスが原産とされていて、「シャンピニオン」というフランス名でも知られています。
日本に入ってきたのは大正時代初期のころであり、当時は西洋まつたけと呼ばれていました。

くせのない味わいが人気であり、現在では、日本やアメリカ・ヨーロッパ・アジアなど多くの地域で栽培されています。


マッシュルームは、英語ではキノコという意味であり、白色種のホワイトマッシュルームと茶色種のブラウンマッシュルームがあります。

ホワイトマッシュルームはサラダやスープに向いていて、ブラウンマッシュルームは炒めものなどの加熱料理に向いています。
また、最近では、マッシュルームの消臭効果が注目されています。

抽出エキスを食べることで、口臭や体臭・便臭の抑制にも効果があるということがわかり、さまざまな商品が製品化されています。

欧米人に好まれる味
マッシュルームは、欧米ではもっともポピュラーなキノコです。

日本でもシチューやパスタなどの洋風料理には使われていますが、シイタケほどの支持はありません。

それは、日本人と欧米人の味覚の違いによるものだと考えられていて、日本人が好むのはグアニル酸が多く含まれているキノコを好みますが、欧米人は遊離アミノ酸が多く含まれているキノコを好むからだとされています。

【スポンサードリンク】

マッシュルームの旬

旬のカレンダー
マッシュルームの旬
マッシュルームは、栽培されたものが1年中ありますが、本来の旬は4~6月と9~11月ごろになります。

エリンギやエノキなど、マッシュルームと同じキノコ類はだいたい秋に旬を迎えますが、マッシュルームの旬は春と秋の2回あります。

マッシュルームの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成22年統計 参照)

千葉県
全国収穫の39.5%の構成比 1,776t
岡山県
全国収穫の31.2%の構成比 1,404t
茨城県
全国収穫の12.7%の構成比 570t

マッシュルームは、西日本よりも関東のほうが生産量は多くなっています。

かつては缶詰が主流でしたが、現在では生のものも流通するようになりました。

マッシュルームは、わら等を発酵させたたい肥に栄養剤を加えた培地で菌床栽培しています。

成長するにしたがい、ひだの色が、灰色かうすいピンク色 ⇒ 茶色 ⇒ 黒色になります。

マッシュルームの上手な選び方

  • 傷がないもの。
  • じくが太くかたいもの。
  • かさがすべすべして引き締まっているもの。
  • かさが開きすぎていないもの。
  • 白い色が茶色に変色していないもの。

マッシュルームの食べ方

マッシュルームの調理法
マッシュルームは、生のままでも食べることができますが、バター炒めやシチューの具などにすると美味しいです。
スライスしたものは、パスタやピザ・キッシュの具材として手軽に使うことができます。

軸はサクサクとしたかさに比べて食感が悪いので、生で食べる時は取るのをおすすめします。

切り口が空気にふれると赤くなるので、切ったらすぐにレモン汁をかけるといいです。

マッシュルームの保存法

ラップに包むと冷蔵庫で数日間は保存できますが、早めに食べたほうがいいです。

洗って水分がついてしまうと傷みが早くなりますので、洗わないで保存してください。

合わせてどうぞ

マッシュルームのカロリーや栄養などに関する記事です。

【スポンサードリンク】

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。