クレソンの特徴とは?旬や産地なども紹介

クレソン

クレソンの特徴

クレソンは、アブラナ科のハーブの一種で、 独特の香りや苦みが特徴。

ヨーロッパが原産で、西洋料理の普及とともに広がったクレソンは、オランダみずがらし・ウオータークレスなどとも呼ばれています。

日本へ伝わったのは明治時代初頭であり、初めは滞在する外国人向けに栽培されていましたが、そのうち野生化して各地に広がりました。

 
イギリスでは、ティータイムにクレソンをはさんだサンドイッチを食べる習慣がありますが、生で食べることも多く、料理によく使われています。

最近では、茎が細かったり、苦みが少ない品種などもあります。

サラダクレソン

水耕栽培で作られる生食に適した品種であり、茎までやわらかいので残すこと無く食べられます。

クレソンは簡単に栽培できる!?
クレソンを買ってきたが余った場合、水を入れたコップにさしておくと、数日間で根が出てきます。

根が出てきたら、プランターに植え替えるとよく、日当りのいいい窓辺などに置いて、水をマメに変えておくと育っていきます。

土は特別なものを使わず、野菜用のものを使えば大丈夫です。

【スポンサードリンク】

クレソンの旬

旬のカレンダー
クレソンの旬
栽培ものは1年中手に入りますが、春に出まわるものが味がいいとされています。

クレソンの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成22年統計 参照)

山梨県
全国収穫の60.1%の構成比 406t
沖縄県
全国収穫の12.3%の構成比 83t
大分県
全国収穫の6.2%の構成比 42t

国内での生産においては、山梨県がもっとも多くなっていて、水耕栽培されたものが主に出回っています。

クレソンの上手な選び方

  • 茎がしっかりと太いもの。
  • 香りが強いものは新鮮です。
  • 葉が濃緑色で葉先までハリがあってみずみずしいもの。
  • 葉がしおれていたり、黄色くなっているものは避けたほうがいいです。
  • 余分なひげ根が出ているものは避けたほうがいいです。

クレソンの食べ方

クレソンの調理法
クレソンは、ステーキなどのつけ合わせによく使われますが、肉料理でからだが酸性に傾くのを防ぎ、辛みと香りが肉料理のしつこさを抑えるのに役立ちます。

調理の際には、冷水にくぐらせてパリっとさせ、水気をよく切ってから使うといいです。

クレソンに含まれているビタミンCは水に流出してしまうので、短時間ですますのがポイントであり、生で食べることでビタミンCをより多く摂取することができます。

 
ワサビの仲間で独特の香りとさわやかな辛味があり、炒めものや天ぷらなどにするとよく、裏ごしをすればスープやソースにもなります。

ゆでておひたしやごま和えに、きざんでスープやみそ汁・チャーハン・卵とじなどにすると美味しい。

ゆでる場合には、かたい茎と葉を分け、茎から先にゆでるとよく、火を通すとクレソンの辛味や苦みがマイルドになります。

 
肉料理のつけ合わせやサラダには、主に葉の部分のみを切り取って使うことが多いようですが、茎にも葉と同様に多くの栄養素が豊富に含まれていますので、できるだけ食べたほうがいいです。

茎の部分は加熱すると特有の甘みが出てくるので、スープやソテーなどの加熱調理に使ったり、おひたしにして食べるといいです。

合わせてどうぞ

クレソンの食べ方に関する記事はこちら。

【スポンサードリンク】

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。