エリンギの特徴とは?旬や産地なども紹介

エリンギ

エリンギの特徴

エリンギは、イタリアや南フランスなど地中海地方に自生していて、ヨーロッパではもともと人気のある食用キノコであり、フランス料理やイタリア料理などに使われる定番食材のひとつ。

セリ科植物(エリンジウム)の根などに自生することからこの名前がつけられており、肉質がしっかりしていて歯ごたえがあります。

日本には台湾から伝わり、ヨーロッパのものに比べて大きい品種が開発され、その後1990年代から人工栽培化が始まった比較的新しいキノコになります。

 
エリンギは、ポプラ等の樹木で原木栽培したり、おがくず培地で菌床栽培することで、近年普及し始めています。

火を通しても食感が損なわれず、アワビの歯ごたえに似ているので、白アワビタケとよばれることがあります。

エリンギの旬

エリンギは、ほとんどが人口栽培によるものであり、1年中美味しく食べることができます。

エリンギの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

長野県
全国収穫の36.6%の構成比 13,961t
新潟県
全国収穫の34.3%の構成比 13,089t
広島県
全国収穫の7.1%の構成比 2,701t

エリンギは、長野県と新潟県がそれぞれ3分の1ずつ生産していて、その他はかなり少なくなっています。

エリンギの上手な選び方

  • 軸は太くて硬く弾力があるもの。
  • 新鮮なほど、軸の白さが際立ち香りがあります。
  • カサは薄い茶色で割れていなく、開きすぎていないもの。
  • カサの裏側が変色しているものは、古いので避けたほうがいいです。

【スポンサードリンク】

エリンギの食べ方

エリンギの調理法
エリンギは、弾力のある独特の歯ごたえが特徴ですが、味にクセがないためどんな調理法にも向いています。

鍋ものや汁もの・スープ・煮もの・炒めもの・パスタの具など、さまざまな料理に利用することができ、和・洋・中問わず使われている食材になります。

 
また、煮物や炊き込みご飯にしても、ほかの食材やごはんによくなじむので、使い勝手のよい野菜といえます。

エリンギを炒めると、水分がとぶため歯ごたえがアップし、うまみが凝縮されて風味も香ばしくなります。

 
エリンギ自体は香りが乏しいので、味付けをして調理されることが多く、火を通してもしんなりしないため、さまざまな加熱調理に向いています。
水洗いすると香りがとぶので注意が必要ですが、加熱しても効能に変化はなく、縦に切れ目を入れてから手で裂くと味がからみやすいです。

エリンギの保存法

冷蔵保存する場合は、水気をふきとってからポリ袋に入れるとよく、冷凍保存する場合は、食べやすい大きさに切ってから密閉容器に入れて保存するといいです。

合わせてどうぞ

エリンギのカロリーや栄養などに関する記事です。

スポンサードリンク




あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。