銀杏(ぎんなん)の特徴とは?旬や産地なども紹介

ぎんなん

ぎんなんの特徴

ぎんなんとは、イチョウの木の果実の名前です。

古代から生き残っている食べものなので、「生きた化石」と表現されることもあります。

現在では、日本や中国・台湾などにだけイチョウの木は存在していて、欧米などにはないとされています。

 
ぎんなんは、中国が原産といわれています。

仏教とともに中国から日本に伝わり、神社や仏閣などに植えられたという記録が残っています。

 
中国では、花嫁と花婿は、結婚式にぎんなんを食べる習慣があるそうです。

これは、長い式の間の尿意を抑えることと、たくさんの実をつけることにあやかって、子孫繁栄を願うからだそうです。

ぎんなんは食べ過ぎに注意

ぎんなんは、漢方において、昔からせき止めの薬として使用されてきました。

また、夜尿症の改善などにも用いられてきました。

子供は、5粒食べればおねしょ予防になるといわれています。

 
ただ、食べ過ぎには注意が必要です。

メチルピリドキシンという中毒性物質が含まれているので、食べ過ぎると、下痢や鼻血・けいれんなどの中毒症状を起こすことがあります。

食べるときは火を通し、大人は1日10粒以内、子供は2日で5粒以内にしたほうがいいとされています。

【スポンサードリンク】

ぎんなんの旬

旬のカレンダー
ぎんなんの旬
ぎんなんは、9~11月ごろが旬になります。 

ぎんなんの産地

愛知・福岡・大分県などです。

ぎんなんの上手な選び方

  • 大きめのもの。
  • 白く表面がなめらかなもの。
  • 殻にツヤがあるもの。
  • 殻が黒ずんでいるものは古くなっています。
  • 振った時に音がするものは、未成熟なので避けたほうがいいです。

ぎんなんの食べ方

ぎんなんの調理法
ぎんなんは、ほどよい苦みや食感の良さから、茶碗蒸しの具として欠かせない食べものです。

茶碗蒸しの材料であるタマゴの卵黄には、ビタミンEが豊富に含まれています。

ぎんなんに含まれているビタミンCと同時に摂取することにより、両方の抗酸化作用がさらに高まります。

組み合わせがいいので、茶わん蒸しは、栄養の面でも好ましい一品といえます。

また、茶碗蒸し以外だと、焼いたり、炒めたりすると美味しいです。

 
ぎんなんの取り出し方ですが、実は水につけておき、果肉がやわらかくなったら、ゴム手袋をして水中でむくのが一般的になります。

ゆでる時は、少量の塩を加え、転がしながらゆでてください。

薄皮をむく時には、水の入った鍋に入れ、熱しながらおたまの背で転がすと簡単です。

 
ぎんなんの食べ方に関する記事はこちら。

ぎんなんの保存法

殻付きのぎんなんは、常温で置いておくと、干からびたりカビが生えたりするので、冷蔵庫で保存しましょう。

冷蔵庫だと、1~2ヶ月位は保存可能です。

【スポンサードリンク】

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。