カワハギの種類と特徴!旬や産地なども紹介

カワハギ

カワハギの種類と特徴

カワハギ

カワハギ別称・方言
チッチ(青森)・コグリ(山形県鶴岡・新潟)・ゲバ(神奈川)・ツノコ(鹿児島)・コウモリダイ(石川・富山)・ツノハゲ(和歌山県田辺・周参見・辰ヶ浜)・チュウカレンボ(鳥取)・モチハゲ(広島・山口県宝積町・牛島)・コクサン(高知)・マブユ(沖縄)

名前の由来
カワハギという名前の由来は、皮をはいで料理するからです。

関西ではハゲと呼ばれています。

特徴
カワハギは、カワハギ科の海水魚。

北海道以南や東シナ海に分布しています。

体長は約25cmで、沿岸近くの浅場から水深100mまでの岩礁と、砂地のまじった海底に生息。

ゴカイ類や甲殻類を補食し、産卵期は5~8月になります。

鍋の材料や、釣りのターゲットとして人気があります。

 
市場に出まわっているカワハギには、カワハギと近縁種のウマズラハギの2種類がありますが、特に区別されていないこともあります。

ウマズラハギは、カワハギより味に若干の苦味がありますが、その風味をあえて好む人もいます。

 
カワハギの肝は重宝されていて、その大きさが値段を決めたりします。

冬場は、肝が大きくなるので値段も上がります。

【スポンサードリンク】

ウマズラハギ

ウマズラハギ別称・方言
カングリ(男鹿)・コウグリ(新潟)・コンゴリ・バクチコキ(富山)・ウマヌスト(三重)・オキアジ(鳥取)・ツノギ(岡山)

名前の由来
ウマズラハギという名前の由来は、頭部の形が馬の顔を連想することからです。

特徴
ウマズラハギは、カワハギ科の海水魚。

北海道以南の沿岸全域や、東および南シナ海・南アフリカに分布しています。

体長は約25cmで、カワハギより沖合の深場に生息。

底辺近くから中層間までを、ときに大群をなして泳ぎまわります。

ウマズラハギの産卵期は6~7月頃で、旬は2~5月頃になります。

 
海岸の観光地などで、カワハギの干物として売られている多くは、ウマズラハギです。

ウマズラハギはカワハギより大味ですが、繊細な味の白身になります。

ウスバハギ

ウスバハギ別称・方言
ナガサキイッカクハギ/オキウマズラ(神奈川県江ノ島)・ツノコ(鹿児島)・シャボテン(和歌山県串本・塩屋・白浜)

特徴
ウスバハギは、カワハギ科の海水魚。

相模湾以南や全世界の温暖な海域に分布しています。

体長は約40~50cmで、沿岸と岩礁周りの砂底に生息し、おもに底生動物を食べています。

カワハギの旬

旬のカレンダー
カワハギの旬
カワハギは、1年中出まわっていますが、旬は、夏と産卵を終えた11~2月になります。

冬のカワハギは、美味しい肝の部分が肥大してくるため好まれています。

味は淡泊なのですが、旬の時期のカワハギの味や食感は、フグに匹敵するとされています。

カワハギの産地

北海道より南の、東シナ海で主に漁獲されています。

カワハギの上手な選び方

  • 目が澄んでいてさわって硬いもの。
  • 身にハリと透明感があり、模様が鮮明なもの。
  • 肉厚で腹のあたりがよく張っているものは、肝がたくさん詰まっています。

【スポンサードリンク】

カワハギの食べ方

カワハギの調理法
カワハギは、クセのない白身です。

ちり鍋や煮付け・フライ・ムニエルなど、さまざまな料理に使われています。

ウロコがない魚であり、調理の時には、そのぶ厚い皮を手ではいでさばきます。

 
カワハギは、身だけでなく、肝の味も格別で、「海のフォアグラ」と呼ばれています。

旬の秋から冬にかけては、春の産卵にそなえて食欲が旺盛になり、肝が大きく発達しているので、格別の美味しさがあります。

 
また、新鮮なものは、薄造りの刺身が美味しいです。

肝を塩水に漬けたり蒸してから、すり潰して醤油と混ぜ、それを刺身につけて食べてもいいです。

 
保存する場合は、内臓を取り除いて流水で洗い、水分をふきとって冷蔵庫に入れてください。

ただ、鮮度が落ちるので、2~3日以内には食べましょう。

「鮍(かわはぎ)のさばき方」動画はコチラ
↓ ↓ ↓

合わせてどうぞ

カワハギのカロリーや栄養などに関する記事です。

スポンサードリンク




あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。