ししゃもの種類と特徴!旬や産地なども紹介

シシャモの姿

ししゃもの種類と特徴

ししゃも

別称・方言
スサモ・スシャモ(北海道厚岸)

特徴
ししゃもは、キュウリウオ科の海水魚。

北海道太平洋岸に分布しています。

 
体長は約18cmで、沿岸の水深20~30m付近に生息しています。

通常は満2年で成熟し、産卵期は10~12月になります。

産卵を終えた親魚のほとんどは死んでしまいますが、まれに翌年、再び川をさかのぼり産卵に加わるものもいます。

卵は川底の小石に付着し、5ヶ月ほどで孵化して海に泳いでいきます。

 
ししゃもは、世界中でも、北海道南東部の太平洋岸の一部でしか穫れない魚。

ヨモギの茎を口に通し、ししゃもを干す光景をすだれ干しと呼びます。

漁獲される北海道南東部においては、秋から冬の風物詩となっています。

 
ししゃもが全国的に知られるようになったのは戦後から。

本物のししゃもが漁獲量減少のために流通しなくなり、代用品としてカラフトししゃもが売られるようになりました。

【スポンサードリンク】

カラフトししゃも

名前の由来
カラフトししゃもという名前の由来は、カラフト(サハリン)近辺で穫れているからです。

特徴
カラフトししゃもは、キュウリウオ科の海水魚。

北海道オホーツク岸・北太平洋と、北大西洋の高緯度地域に分布しています。

産卵期は春で、体長は約24cm、大群で沿岸に押し寄せ、砂底に卵を産みます。

卵を持ったメスは子持ちししゃもと呼ばれていて人気です。

大きなものほど味が良く、値段も高いです。

 
現在、スーパーや居酒屋で見かけるものは、ノルウェーなどで穫れる安価なカラフトししゃも。

ししゃもとカラフトししゃもの見た目での最も大きな違いは、ウロコの大きさです。

ししゃものほうがウロコは大きくなっています。

ししゃもの旬

旬のカレンダー
シシャモの旬
ししゃもの旬は、10月~12月。

メスは、タマゴを持っても脂が落ちません。

10~11月に、産卵のため大群で川を上るところを漁獲した、子持ちししゃもが美味しいです。

ししゃもの産地

本物のししゃもは、世界中でも北海道の一部でしか獲れない魚。

ただ、乱獲により、近年の漁獲量は減少を続けています。

ししゃもの上手な選び方

  • 皮がさらっとして、ヌルヌルしていないもの。
  • 大ぶりで腹が張っているものはタマゴが多いです。
  • 傷みやすくすぐやわらかくなるので、できるだけかたいもの。
  • 傷や変色があるものは避けたほうがいいです。

ししゃもの食べ方

シシャモの栄養
ししゃもは、一夜干しの干物としてよく食べられています。

フライパンにクッキングシートをしいて弱火~中火で焼くと身崩れしません。

ししゃもの脂とうま味で、ふっくらと美味しく焼くことができます。

後片付けも簡単なのでおすすめ。

 
また、魚特有の臭みがないため、フライやバター焼きなど、さまざまな調理法に適しています。

新鮮なものは、刺身で食べると独特の風味があり美味しいです。

アユに非常に近い魚なので、新鮮なものはアユと同様、キュウリのような香りがします。

 
酢にはカルシウムの吸収率をアップする効果があるので、マリネなどにすると、効率よく栄養を摂ることができます。

軽く油で揚げ、柳川風や南蛮漬けにしてもいいです。

 

冷凍干物の美味しい焼き方
冷凍干物は、凍ったまま焼くと腹が割れにくく、頭に水を少しつけて焼くと焦げにくいです。

軽くあぶる程度に焼いたほうが美味しいです。

合わせてどうぞ

ししゃものカロリーや栄養などに関する記事です。

【スポンサードリンク】

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。