カンパチの種類と特徴!旬や産地・栄養なども紹介♪

カンパチ 写真

カンパチの種類と特徴

カンパチ

カンパチ別称・方言
アカイオ(新潟県能生・富山県魚津・氷見・東岩瀬)・ヒヨ(相模)・ネリコ(鹿児島)・アカハナ(和歌山・高知)・ヒラソ(島根)・ニリ(宮崎)

名前の由来
カンパチという名前は、正面から見た時に目の上のななめに入った模様が、漢字の八(かんぱち)に見えることから由来しています。

特徴
カンパチは、アジ科の海水魚であり、南日本以南・東部太平洋を除く世界各地の暖海に広く分布しています。
カンパチは出生魚であり大きさと共に名前が変わりますが、地域によって呼び名が変化します。
体長約1.5mであり形はブリによく似ています。
ブリと同じブリ属ですが、体高が赤く赤身を帯びているのが特徴であり、ある程度の大きさになるとアジやイワシなどの小魚を補食し、数十キロの大型に成長します。

稚魚は、流れ藻などにつきプランクトンを食べて成長していて、産卵期は3~7月になります。
釣り魚としての人気が高く、船釣りや磯釣りとしての対象魚となっています。

ヒレナガカンパチ

ヒレナガカンパチ別称・方言
ノガンパ、バケンカンパ(東京)・バカネリ(宮崎県延岡)

名前の由来
ヒレナガカンパチという名前は、ヒレの長いカンパチということから由来しています 。

特徴
ヒレナガカンパチは、アジ科の海水魚であり、南日本・世界の温・熱帯地域に分布しています。
体長は約50~70cmで最大では1mを超えていますが、沿岸の中・下層に生息しており、おもに魚類を食べています。

カンパチに似ていて、流通の時には区別せず扱われる時もあります。
漁獲量は少ないですが、カンパチと同様に味がいいので人気がある魚です。

スポンサードリンク

カンパチの旬

旬のカレンダー
カンパチの旬
天然物のカンパチの旬は、冬が旬のブリとは逆で夏から秋になります。

カンパチの産地

カンパチは、東北以南のさまざまな場所で漁獲されていますが、最近は養殖物が普及していて、市場にはかなりの量が出回っています。
ブリとは違って小型でも味がのっているため、うま味があり値が高いです。
そのため、鹿児島などでは養殖がさかんに行なわれていますが、カンパチにおいては、天然物と養殖物を比べた場合、どちらも美味しくなっています。

ブリやヒラマサより天然物の漁獲量は少ないですが、天然物は肉質がよく、ブリ類ではヒラマサと並ぶ最高級魚になっています。

カンパチの上手な選び方

  • 腹がしっかりしていて、色つやのいいもの。
  • ツヤがありエラが鮮やかな赤色のもの
  • できれば活き締めのほうがいいです。
  • 切り身は淡いピンク色で透明感があるもの。

カンパチの栄養と効能

カンパチは、高たんぱく・低カロリーで、エネルギーの源となる脂肪やたんぱく質・ビタミンやミネラルをバランスよく含んでいます。
コレステロール値を下げる作用のある不飽和脂肪酸のDHAやEPAなどが豊富に含まれていて、高血圧や動脈硬化など、生活習慣病に対しての効果が期待できます。

摂りすぎたナトリウムを排出する作用のあるカリウムが豊富に含まれていて、その含有量は魚類の中でもトップクラスになります。
血行をよくしてコレステロールや中性脂肪を下げるナイアシンが豊富に含まれています。

ビタミンB12や鉄が豊富に含まれていて、貧血や冷え性の予防・改善に対する効果が期待できます。

カンパチの主な効能

高血圧の予防、改善・貧血の予防、改善・冷え性の改善・二日酔いの予防

カンパチの主な栄養成分

DHA・EPA・カリウム・ナイアシン・ビタミンB12・鉄

カンパチの食べ方

カンパチは、寿司や刺身にして食べるのがもっとも美味しく、ブリと比べてクセがなく、さっぱりした味わいになっています。
脂がのっているものは、しゃぶしゃぶで脂を少し落として食べてもよく、ゴマダレによく合います。
また、頭や骨を煮て食べるアラ煮やカルパッチョ・海鮮サラダもなどにしても美味しいです。

食べきれずに残った場合は、しょうゆとみりんに一晩漬け込み、漬け丼にして食べるといいです。

 

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。