にしんの特徴とは?旬や産地なども紹介

にしんの栄養

にしんの特徴

別称・方言
アトにしん、イサザにしん、エビスにしん、ナツにしん、ハナグロにしん、マミにしん(北海道)・にしんイワシ(富山)

名前の由来
両親が揃っていると必ず食べなくてはいけないとされていて、両親 ⇒ 二親(父親・母親) ⇒ にしんになったといわれています。

特徴
にしんは、にしん科の海水魚。

富山県および茨城県個沼以北の北日本・黄海北部・日本海や、カリフォルニア以北の北太平洋・北極海に分布しています。

体形は、マイワシに似ているので、幼魚はほとんど区別がつかないです。

通常3~4年で成魚になり、体長は約30cmほどになります。

 
かつては三陸沖からオホーツク海を回遊した後、北海道や東北地方に大量に押し寄せていました。

ただ、昭和30年代になるとほとんど見られなくなりました。

現在では、昆布巻き数の子など、お正月料理には欠かせない魚になっています。

【スポンサードリンク】

にしんの旬

旬のカレンダー
ニシンの旬
にしんの旬は3~5月。

北海道では、長い冬を超え春の訪れを教えてくれる、春告魚(はるつげうお)ともよばれています。

にしんの産地

昭和の初期までは北海道が産地でしたが、現在では漁獲量が激減。

スーパーなどに並んでいるのは、ロシアやノルウェーからの輸入物がほとんどになります。

国産物の漁獲量は少なく、高級品となっているので、1尾何千円もの値段がつくこともあります。

にしんの上手な選び方

  • 銀色で身にハリがあるもの。
  • 古くなると目が赤くなります。
  • 目が澄んでいて、うろこがしっかりとついているもの。
  • 数の子は薄皮にハリがあり、透明感があって血管の黒いスジがないもの。

にしんの食べ方

ニシンの調理法
にしんは、塩焼きやみそ煮・天ぷらなどにすると美味しいです。

独特の脂臭さがあるので、調理する時には、濃い目の味付けがおすすめになります。

脂がのっているにしんは、塩焼きにすると美味しいですが、小骨が多いので、食べる時には注意が必要です。

 
にしんに含まれている栄養分は、脂溶性のものが多いです。

バター焼きなど、油を使った料理にすると吸収率が高まります。

 
にしんは、鮮度が落ちやすく、寄生虫がいることもあるので、生では食べないほうがいいです。

天日干しにすると、成分が凝縮されてうま味や栄養分がアップします。

近年では、子持ち昆布という、にしんが昆布に卵を産みつけたものが輸入され、数多く販売されています。

数の子

数の子とは、にしんの卵巣を海水で血抜きをし、水洗いしてから塩漬けにしたものです。

乾燥させると、干し数の子になります。

塩抜きした数の子はいたみやすいので、できるだけその日のうちに食べたほうがいいです。

抗酸化作用のある、ミネラルやセレンなどが含まれています。

シュールストレミング

シュールストレミングは、にしんを使ったスウェーデンの缶詰。

「世界一臭い食べもの」として有名です。

にしんを開いて内臓を除き、刻んだタマネギと、少量の小麦粉を加えて缶詰にしたものになります。

身欠きにしん

にしんを3枚におろして煮干ししたもの。

よく乾燥させたものと、生干しがあります。

もともと大量に獲れたにしんの保存法としてつくられたものですが、現在では生よりも需要があります。

生のものより水分が少なく、カルシウムやビタミンDをより多く含んでいます。

ままかり

岡山を中心とする瀬戸内の名産品。

小骨が多いので、酢漬けが食べやすいです。

合わせてどうぞ

にしんのカロリーや栄養などに関する記事です。

【スポンサードリンク】

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。