グレープフルーツの特徴とは?種類や旬・産地なども紹介

グレープフルーツの栄養

グレープフルーツの特徴

グレープフルーツは、18世紀前半に、西インド諸島で発見されたのが最初とされています。

1本の枝に対して、ブドウの房のようにたくさん実る様子が、名前の由来とされています。

グレープフルーツには、果肉の赤い赤肉腫や、果肉が白い白肉腫などがあります。

一般的には、赤肉種のほうが甘みが強いといわれています。

 
グレープフルーツは、甘さや酸味の他に、ほろ苦さがあるのが特徴

すっきりとした香りは気持ちを前向きにするほか、消臭抗菌効果もあります。

アメリカンフルーツといわれるほどアメリカでは好物にされている果物で、朝食の定番になっています。

 
グレープフルーツの果実やジュースにハートマークがついて販売されていますが、このハートマークは、心臓を守る効果があると認定された食品につけられるもの。

心臓病予防食品として、広く認知されています。

 

薬との組み合わせに注意
グレープフルーツには、特定の薬の成分を分解・排出する酵素の働きを抑制する作用があります。

そのため、薬の作用や副作用を増強してしまうおそれがあります。

高血圧治療薬をはじめ、その影響を受ける医薬品は多いです。

薬を服用している場合は、医師や薬剤師に相談するほうがよく、ジュースも同様の注意が必要になります。

グレープフルーツは、横半分に切り、スプーンですくって食べると美味しいです。

果肉を取り出してサラダや、合わせ酢に果汁を入れ、果肉とすし飯を混ぜたお寿司は、さわやかで美味しい夏向きの一品になります。

ジュースを飲むときは、少しお湯を加え、温めてから飲むほうがいいでしょう。

 
また、お好みで、砂糖やハチミツ・ブランデーなどをかけると風味が増します。

冷やしすぎると、酸味が強く感じられてしまい美味しくないので、注意が必要になります。

 
他の柑橘類より大きいので、果汁をしぼるには、専用のスクイーザー(果汁をしぼる道具)があると便利。

皮に防カビ剤などの薬品が付着している場合があるので、表面をよく水洗いしてから食べましょう。

グレープフルーツの種類

マーシュ
一般的な種類であり、強い酸味とほのかな苦みが特徴。

フロリダ産や南アフリカ産が中心になります。

ルビー
ピンクグレープフルーツともよばれ、果皮も果肉も赤みをおびています。

マーシュよりもやや甘味が強くなっています。

スタールビー
アメリカのテキサス州で誕生した品種。

ルビーよりもやや赤みが強く、酸味や苦みが少なくて食感がなめらか。

メロゴールド
サイズが大きく、果皮は緑色を帯びた黄色。

グレープフルーツの中では糖度が高く、酸味がおさえられています。

オロブランコ
果皮が緑色で、果肉はうすい黄色であり、独特の甘い香りがします。

カリフォルニア産とイスラエル産がありますが、後者はスウィーティーとよばれています。

グレープフルーツの旬

旬のカレンダー
グレープフルーツの旬
グレープフルーツは、収穫時期の長い品種であることに加えて、南半球からの輸入品もあるため、店頭では年中みることができます。

輸入物に関しての旬は特にありません。

 
また、国産物は、冬から春先においてわずかに出回る程度であり、旬は3~4月

輸入品のように、果肉がやわらかく酸味が少ない果実は、現状においては生産できていないです。

グレープフルーツの産地

グレープフルーツの主な生産国は、アメリカ(フロリダ)で、7割近くを占めています。

その他、イスラエルやキューバ・アルゼンチンなどで栽培されています。

加工品には、天然果汁や濃縮果汁・果汁飲料・清涼飲料・缶詰などがあります。

グレープフルーツの上手な選び方

  • 形が丸く重たいもの。
  • 皮の色が鮮やかでハリがあるもの。
  • 表面がなめらかなもの

グレープフルーツの保存法

グレープフルーツは、冷蔵庫に入れておくと、2~3週間は保存できます。

室温でもかまいませんが、夏は腐りやすいので注意が必要。

ある程度日持ちはしますが、味は徐々に落ちてくるので、早めに食べたほうがいいでしょう。

また、カットして砂糖をまぶすと、冷凍保存することも可能になります。

 
【グレープフルーツのカロリーや栄養はコチラ】
▶▶▶グレープフルーツのカロリーと糖質!栄養や効果なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。