牡蠣(カキ)の種類と特徴!旬や産地なども紹介

牡蠣の栄養

牡蠣の種類と特徴

真牡蠣(マガキ)の特徴

マガキ別称・方言
カキ・ナガガキ・エゾガキ

名前の由来
石からかき落として取ることや、殻をかき砕いて取ることからだといわれています。

特徴
マガキは、イタボガキ科の二枚貝。

サハリン以南の日本各地および中国などに広く分布しています。

内湾の岩礁などに付着してプランクトンなどを食べていて、産卵期は5~8月頃になります。

形は岩礁への付着生活のため一定していませんが、ふつうは不規則な長三角形をしています。

燻製や缶詰・牡蠣油などに加工されています。

岩牡蠣(イワガキ)の特徴

イワガキ別称・方言
クツガキ・ナツガキ

名前の由来
岩場にいる牡蠣ということからです。

特徴
イワガキは、イタボガキ科の二枚貝。

陸奥湾以南から九州まで分布しており、水深2~10mの岩礁に付着していてます。

関連記事

牡蠣のカロリーに関する記事です。

牡蠣の特徴

牡蠣は、世界各地で人気があり、魚介類を生で食べる習慣のないヨーロッパでも昔から食べられています。

デンマークには、新石器時代からの世界最大級の貝塚があり、その大部分がカキの殻です。

シーザーやナポレオンなど、歴史上の人物も好んで食べたといわれています。

日本では、縄文時代の貝塚から殻が発見されるほど、昔から食べている食材になります。

 
ホタテはよく動きますが、牡蠣は海水から植物プランクトンを取り入れてるので、貝類の中でも唯一移動できないものになります。

漢字で牡蠣と書くのは、昔はすべて牡(オス)だと思われていたためです。

 
現在、牡蠣は、全国各地にブランドカキが存在しているほど人気があります。

美味しくて栄養価が高く、海を感じさせる風味があるので、好物に挙げる人も多いです。

養殖は世界各地で盛んに行なわれていて、その歴史は古く、ヨーロッパでは紀元前1世紀近くにさかのぼります。

牡蠣の旬

旬のカレンダー
牡蠣の旬
マガキとイワガキは旬が逆であり、夏が美味しいイワガキの養殖ものが増えたことで、1年を通して新鮮な牡蠣が楽しめるようになっています。

マガキは、秋から冬にかけてグリコーゲンの量が最多となるので、一段とうま味が増します。

マガキにおいては、英語でRのつかいない月(5~8月)は、牡蠣の産卵期にあたり食中毒のおそれがあるので、食べないほうがいいといわれています。

牡蠣の産地

牡蠣のおもな生産地は、広島県や宮城県・岩手県などであり、産地によって大きさや色に違いがあります。

日本で食べられている主な牡蠣はマガキやイワガキであり、市場に流通しているほとんどは養殖のマガキになります。

最近では生食用のパック詰めも増えていますが、冷凍ものは1年を通して出回っています。

牡蠣の上手な選び方

  • 身にツヤがあるもの
  • 緑の黒いひだが鮮やかなもの
  • 貝柱が大きくふっくらとしているもの
  • 殻付きのものは、殻の幅が広く持って重みがあるもの
  • 殻付きのものは、重みがあり、口を固く閉じているものが新鮮です

スポンサードリンク







あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。