みかんの特徴とは?旬や産地なども紹介

ミカンの栄養

みかんの特徴

日本の歴史にみかんが登場したのは、およそ1200年前。

古事記や日本書紀に、みかんの木の原型とされるものが紹介されています。

日本で作物があまり取れなくなる、冬場の貴重な栄養源になっていて、昔から、日本の冬の風物詩といえばこたつにみかんとされてきました。

 
「みかんが黄色くなると医者が青くなる」という格言があります。

これは、みかんが黄色くなる秋頃には、食欲が出て体調もよくなることから、医者にかかる人が少なくなるというたとえになります。

皮は食器洗いに使える?

みかんの皮に含まれているリモネンという成分は、洗浄効果が強いです。

まず、内側の白い繊維質の部分で汚れをふき取ります。

その後、黄色い表皮のほうでこすって洗い流すといいです。

使用後の皮は、生ゴミとして捨ててください。

乾燥皮の活用方法

パリパリに乾燥させた皮には、いろいろな活用法があります。

虫の嫌いなにおいが含まれるので、燻(いぶ)せば、蚊取り線香代わりになります。

ネットに入れて浴槽に浮かべれば体が温まるので、風邪の症状改善や予防に効果的。

布に入れて玄関などに置くと、消臭剤にもなります。

関連記事

みかんのカロリーに関する記事です。

みかんの旬

旬のカレンダー
ミカンの旬
みかんはハウス栽培が盛んです。

1年中出回っていますが、一般的なみかんの旬は11~2月になっています。

みかんの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成25年統計 参照)

和歌山県
全国収穫の18.9%の構成比 168,900t
愛媛県
全国収穫の15.4%の構成比 137,800t
静岡県
全国収穫の13.6%の構成比 121,800t

みかんは、東海・近畿・中国・九州など、比較的温暖な地域で生産されています。

国内で生産されている総柑橘類の半分以上が、温州みかん

温州(うんしゅう)みかん・・・みかんの代表的な品種であり、ハウス栽培のものは一年中流通しています。

 
昔は、日本で最も消費量の多い果物だったのですが、近年はバナナに抜かれて2位になっています。

最盛期の1975年ごろは370万トンが流通していましたが、最近では80万トンを下回るようになってしまいました。

現在では、アメリカやカナダなど、海外にも輸出しています。

みかんの上手な選び方

  • 持った時に重いもの。
  • ヘタの緑がきれいなもの。
  • 皮がフカフカなものは避けたほうがいいです。

スポンサードリンク







あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。