滑子(なめこ)の特徴とは?旬や産地なども紹介

なめこの特徴

ナメコの栄養
なめこは、日本が原産であり、ほかの国ではあまり食べられていないキノコになります。

40年ほど前まではなめこといえば缶詰が主流でしたが、現在ではビニールパックや真空パックなどに入ったものなどがさまざまな形で流通しています。

 
なめこは、ほかのきのこに比べてつるりとしたのどごしと歯ごたえが特徴で、おがくずなどを使って栽培されており、一年中販売しています。

比較的簡単に栽培することができるので、家庭用の栽培キットなども販売されています。

なめこの旬

旬のカレンダー
ナメコの旬
天然物は、秋から春にブナなどの広葉樹の樹木に群生しますが、数は少なく、旬は9月~11月になっています。

人工栽培のものは1年中出回っているので旬は特になく、現在は菌床栽培が主流になっています。

また、キノコ類は秋に旬を迎えることが多く、シメジやマイタケ・エリンギ・シイタケなども秋が旬になっています。

なめこの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

新潟県
全国収穫の19.4%の構成比 4,999t
長野県
全国収穫の19.2%の構成比 4,967t
山形県
全国収穫の16.3%の構成比 4,207t

スーパーなどで売られているものは、ほとんどが栽培品であり、小さいうちに収穫したものになります。

なめこの上手な選び方

  • 肉が厚く大きいもの。
  • かさが開ききっていないもの。
  • かさの大きさがそろっているもの。
  • ぬめりの部分に濁りがみられないもの。

【スポンサードリンク】

なめこの食べ方

ナメコの調理法
なめこの栽培されたものに関しては、基本的に汚れはほとんどないので、洗わずそのまま使っても大丈夫です。

天然物に関して、汚れがついている場合は洗い流すといいですが、水につけるとぬめりが強くなり扱いずらくなるので、注意が必要になります。

 
なめこは、消化酵素を含む大根おろしと和えて食べると、風味や消化がよくなります。

たんぱく質が豊富な豆腐を具材に加えたみそ汁や、同じネバネバ系の山芋類や納豆を合わせた和え物などは、ご飯の消化を助けます。

調理のポイント
ぬめり成分は火を通しすぎると減少してしまいますので、加熱は短時間にしたほうがいいです。

豆腐と一緒にみそ汁に入れるなど、独特のぬめりを楽しむ調理法がおすすめ。

また、一度熱いお湯をかけてから使うと香りが引き立ちます。

なめこの保存法

ポリ袋に入れると冷蔵庫で保存できますが、日持ちがしないので、1~2日で使い切るほうがいいです。

また、ラップで小分けすると冷凍保存することもできます。

【スポンサードリンク】

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。