冬瓜(とうがん)の特徴とは?旬や産地なども紹介

トウガンの栄養

冬瓜の特徴

冬瓜の原産地はインドだといわれています。

日本では平安時代から栽培されていて、古くから親しまれてきた野菜です。

皮が厚く、丸のまま冷暗所に保存しておけば冬までもつことから、冬瓜という名前になったといわれています。 

よく見られるのは楕円形ですが、丸いものもあり、サイズもバラエティに富んでいます。

 
冬瓜は、体を冷やす働きがあり、涼し気な見た目と淡白な味わいが、夏のメニューにピッタリです。

また、たべごたえがあるので、ダイエット食に向いている野菜になります。

【スポンサードリンク】

冬瓜の種類

隼人(はやと)瓜
鹿児島から日本に入ってきたため、名前は薩摩隼人から由来しています。

漬け物のほか、炒めものや煮物に向いています。

はぐら瓜
白ウリの一種です。

浅漬けや鉄砲漬けが一般的な調理法であり、果肉がとてもやわらかいです。

まくわ瓜
さわやかな甘みが特徴で、メロンの仲間です。

最近では、プリンスメロンなどの台頭により、生産が激減してしまっています。

冬瓜の旬

旬のカレンダー
トウガンノの旬
漢字では冬瓜と書くので、冬の野菜のようですが旬は夏です。

他の瓜科の野菜(スイカやキュウリ)と同じ時期が旬になります。

夏バテで食欲がないときは、さっぱりした味で食べやすく、旬で栄養がある冬瓜を食べることをおすすめします。

冬瓜の産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成22年統計 参照)

愛知県
全国収穫の28.6%の構成比 2,999t
岡山県
全国収穫の14.4%の構成比 1,509t
神奈川県
全国収穫の11.2%の構成比 1,178t

ハウス栽培を行っている愛知では、7月~9月が出荷のピークです。

冬瓜は貯蔵性が高いので、年内は出まわっています。
 

冬瓜の上手な選び方

  • 緑色が濃く、果皮にツヤがあるもの。
  • 曲がっていなく、ずっしりと重いもの。
  • 果肉が白くてみずみずしいもの。
  • 皮の表面全体に粉をふいているものは完熟しています。

冬瓜の食べ方

トウガンの調理法
冬瓜は、味がほとんどないので、煮物やあんかけ・酢の物・スープ・蒸し物など、他の味を含ませる料理に多く用いられます。

冬瓜は、皮を厚くむき、種を取り、大きめに切って下ゆでをするといいです。

水気を切ってから冷ませば、透明度が上がり味も含みやすくなります。

 
皮は、細切りにしてきんぴらなどに使います。

ワタと種は、細かく刻んでみそ汁やスープの具として利用することができます。

 
夏バテ気味なら、豚肉といっしょに食べるとよく、むくみが気になるなら、アサリやコンブといっしょに食べるといいです。

便秘気味の人は、油あげを入れて作る煮ものがおすすめです。

冬瓜の保存法

切らずに丸のまま、日陰で風通しがよく10℃前後の場所に置いておくと、長期保存ができます。

切ったものは、切り口にラップをかけ冷蔵庫で保存するといいです。

合わせてどうぞ

冬瓜のカロリーや栄養などに関する記事です。

【スポンサードリンク】

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。