アスパラガスの特徴とは?種類や旬・産地なども紹介 

アスパラガス

アスパラガスの特徴

アスパラガスの原産地は地中海沿岸です。

ヨーロッパでは紀元前から栽培されていて、日本へは江戸時代に伝わりました。

当時は観賞用だったのですが、大正時代に本格的な栽培が始まり、一般に流通するようになったのは昭和40年以降になります。

アスパラガスの葉は、今でも花束の飾りなどに使われています。

 
アスパラガスには主に、緑色のグリーンアスパラガスと、白色のホワイトアスパラガスがあります。

日光をたくさん浴びて育った品種がグリーンアスパラガスで、土の中で育てて日光が当たらないうちに収穫されたものが、ホワイトアスパラガスになります。

アスパラガスは成長のスピードが速く、1時間で1cm近く伸びることもあり、別名「暴れん坊野菜」ともよばれています。

【スポンサードリンク】

アスパラガスの種類

グリーンアスパラガス
日光に当てて育てられていて、やや青臭みがありますが、その分栄養価は高くなっています。

β-カロテン・ビタミンB1・B2・ビタミンC・ビタミンE・ムチンなどが含まれています。

グリーンアスパラに含まれるオリゴ糖は、腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やす作用があるため、腸内環境を整えるのに有効です。

ホワイトアスパラガス
日光に当てず白色に育てられていて、やわらかくまろやかな味がしますが、栄養価よりも食感と香りを楽しむ野菜です。

国産品が出まわることはあまりなく、缶詰を含めてその多くは輸入品になります。

ミニアスパラガス
グリーンアスパラガスを10cmぐらいに育ったところで早めに収穫したものです。

根元までやわらかく下ごしらえが簡単であり、筋が少ないので食べやすい。

出まわり始めたのはわりと最近のことであり、タイなど東南アジアでとれたものがほとんどになります。

アスパラガスの旬

旬のカレンダー
アスパラガスの旬
アスパラガスの旬は5月~6月です。

この時期に出回るものは姿が美しく、ほのかな甘みを味わうことができます。

9月以降に並ぶものは、ほとんどがハウス栽培やオーストラリア・メキシコなどからの輸入品になります。

アスパラガスの産地

北海道・長野・佐賀県などが産地です。

アスパラガスの上手な選び方

  • 色が鮮やかな黄緑色のもの。
  • 穂先が密集して締まっているもの。
  • 固くて乾燥しているものは避けたほうがいいです。
  • グリーンアスパラガスなら緑が鮮やかなもの、ホワイトアスパラガスなら変色していない乳白色なものがいいです。
  • 切り口が丸くて白くみずみずしいものが新鮮であり、変色しているものは避けたほうがいいです。

【スポンサードリンク】

アスパラガスの食べ方

アスパラガスの調理法
アスパラガスは、ゆでておひたしや和え物にしたり、炒めものや揚げものにすると風味があり美味しいです。

 
葉や枝が出る前の若芽と茎を食べていますが、鮮度が落ちやすいので、購入後はすぐにゆでるほうがいいです。

口当たりが良く見た目も美しくするためには、ゆでる前に、節々にあるハカマと根元近くを2cmほど切り落としておくといいです。

かたさが気になる場合は、下から3~4cmまでをピーラーでむくと口当たりがよくなります。

 
ゆで方は、熱湯に塩を入れて煮立たせ、根元を先につけてから全体をねかせて入れるとよく、冷水で色止めをすると彩り良く仕上がります。

ゆでる時に、さきほど切ったハカマと根元を加えると、その風味が湯に移り、アスパラガスの風味が増します。

ゆでたアスパラガスにマヨネーズ・レモン汁などをかけたり、炒めものや揚げものなどにすると美味しいです。

 
また、アスパラガスはゆでるとビタミンが逃げてしまうので、ビタミンを摂りたい人は、焼いたり炒めたりして調理するほうがいいです。

肉ともよく合うので、ベーコンや豚肉・牛の薄切り肉で巻いてフライパンで焼くと、美味しく食べることができます。

アスパラガスの保存法

アスパラガスは傷みやすいので、根元の固い部分を切り取り固めにゆでた後、冷蔵庫で保存するといいです。

また、固めにゆでて保存容器などに入れ、冷凍庫で保存すれば2~3カ月くらいは保存することができます。

合わせてどうぞ

アスパラガスのカロリーや栄養などに関する記事です。

【スポンサードリンク】

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。