椎茸(しいたけ)の特徴とは?旬や産地なども紹介

シイタケの栄養

しいたけの特徴

しいたけは、日本と中国が原産のキノコで、主にシイの木に生えることからこの名前がついています。

日本において、本格的に食べられるようになったのは室町時代から。

広葉樹の枯れ木などに生えていたものを食べていましたが、 当時は栽培が不可能であり、自然のものを採集するしか方法がありませんでした。

江戸時代から人工栽培の方法を開発するようになりましたが、20世紀になってようやく人工栽培の方法が確立されました。

 
しいたけは、成長程度の度合いなどからいろいろな呼び名がありますが、いずれも中国語の発音を取り入れています。

●冬菇(どんこ)・・・肉厚でかさが開ききっていないです。

●香信(こうしん)・・・薄手でかさが開いています。

●香菇(こうこ)・・・冬菇と香信の中間的存在です。

●花冬菇(はなどんこ)・・かさの表面に亀裂のような模様が広がっています。

関連記事

しいたけのカロリーに関する記事です。

しいたけの旬

旬のカレンダー
シイタケの旬
しいたけの旬は収穫された地域にもよりますが、基本的には春と秋の2回あります。

しいたけの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

徳島県
全国収穫の11.6%の構成比 8,159t
北海道
全国収穫の11.4%の構成比 7,979t
岩手県
全国収穫の7.4%の構成比 5,194t

しいたけは、日本各地で栽培されていて、特別にたくさん作っているという県はなく、比較的平均した生産量になっています。

日本産の干し椎茸は台湾・香港等で人気があるので輸出もされており、日本以外では、中国や韓国などで主に食用として栽培されています。

しいたけの上手な選び方

  • 軸は太く短いもの(うま味のある軸は1~1.5cmぐらいであり、半透明や黒ずんだものは避けるといいです)
  • 全体的によく乾いているもの
  • かさがあまり開きすぎていないもの
  • 裏のヒダがきれいで白く、変色や傷のないもの(鮮度が落ちると赤みがかります)

スポンサードリンク







あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。