レンコンの特徴とは?産地や食べ方なども紹介

レンコンの特徴

レンコン
レンコンの原産地は中国かエジプトだといわれています。

日本へは、奈良時代に中国から伝わったとされていて、約2000年前の遺跡からハスの実が発掘されたこともあります。

 
レンコンは、ハスの地下茎が大きくなったものであり、主に沼地や蓮田などで栽培されています。

内部に空洞がありいくつかの節に分かれていますが、品種によって長さはさまざまになります。

 
現在市場に出まわっているのは、明治以降に入ってきた中国レンコンであり、ずんぐりと太く短くなっているのが特徴です。

安値で販売されているもの(おもに水煮)は、ほとんどが中国産になります。

 
また、レンコンは、正月のおせち料理などにも用いられます。

輪切りにすると穴が多数空いていて、先を見通すことで縁起がいいとされているからです。

レンコンの穴はいくつなの?
レンコンの穴は、水の上に出ている葉や茎で吸収した空気を、地中の根まで送り込むという枠割があります。

大きい穴の数は決まっていて、穴の合計はほとんどが「9つ」になります。

岩国レンコン

山口県岩国市特産の歴史ある品種であり、太くて大型。

通常のものより穴の数が1つ多く、粘りが強くモチモチしています。

加賀レンコン

加賀の伝統野菜であり、細めですが、一般的なレンコンよりも穴が小さく肉厚。

でんぷん質が多く、粘りが強くなっています。

レンコンの旬

旬のカレンダー
レンコンの旬
レンコンは、ほぼ1年に渡り収穫されていますが、冬の寒い時期になると美味しくなります。

ただ、新レンコンと呼ばれるものは、初夏が旬です。

レンコンの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

茨城県
全国収穫の48.8%の構成比 30,500t
徳島県
全国収穫の11.8%の構成比 7,380t
佐賀県
全国収穫の7.1%の構成比 4,420t

レンコンは、収穫が楽で病気にも強いので、最近では生産量が増えています。

生産量の約半分を占める茨城産レンコンは、霞ヶ浦周辺の湿地帯が一大産地であり、その多くが関東エリアに出荷されています。

 
徳島産レンコンは、節間が長くすらりとした姿で、きめ細かいのが特徴。

主に京阪神に出荷されていて、収穫は8月から始まり翌年の6月まで続きますが、需要が増える12月中旬がピークになっています。

レンコンの上手な選び方

  • ふっくらとして重いもの。
  • 指で押してかたくまっすぐなもの。
  • 表面にツヤがあり、傷がないもの。
  • 両端に節のついているものが望ましいです。
  • 表面が不自然に白いものは、漂白している場合があります。 少し黄色がかったものが自然なものです。

【スポンサードリンク】

レンコンの食べ方

レンコンの調理法
レンコンは、節と節が詰まりずんぐりとしていて、歯ごたえがあります。

食感が特徴であり、その食感をいかした料理にするほうが、レンコンを美味しく味わうことができます。

ただ、カロリーは高めなので、ダイエットやメタボを気にしている人は、きんぴらなど、あっさりとした味付けの料理にしたほうがいいです

 
また、レンコンは、天ぷらやきんぴら・煮物・五目すしなどにしても美味しいです。

薄く切って油で揚げたレンコンチップスは、子供のおやつにもいいです。

 
レンコンは、かたい繊維をどう切るかで食感が大きく変わります。

シャキシャキ仕上げたいきんぴらなら輪切りがよく、ホクホク仕上げたい煮物には乱切りがいいです。

レンコンは、切ってすぐ酢水につけると、変色を防ぐだけではなく、シャキシャキした歯ごたえを残すことができます。

ただし、酢水につけたレンコンは加熱してもホクホクにはならないです。

レンコンの下処理

レンコンは、アク抜きをすることが多いです。

ただ、アクにも栄養が含まれているので、アク抜きはほどほどにしておいたほうがいいです。

酢水や冷水につける場合は、5分以内を目安にしましょう。

「れんこんの下処理」動画はコチラ
↓ ↓ ↓

レンコンの保存法

レンコンは、室温で保存することができるので、冷蔵庫に入れなくても大丈夫。

 
冷凍する場合は、皮をむいてから、1センチ程度の半月切りにします。

それを1分弱ほど水につけてから、水気をしっかり切って、保存袋に入れます。

凍ったまま加熱することが可能で、炒めものや煮物・和え物などに使うことができるので便利です。

【スポンサードリンク】

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。