アボカドの特徴とは?旬や産地なども紹介

アボカドの栄養

アボカドの特徴

アボカドは、5000年以上も前から栽培されている果物。

世界一栄養価が高い果物として、ギネスブックに認定されています。

原産地は、中央アメリカ(コロンビア・エクアドル)およびメキシコ南部とされています。

 
その栽培は比較的古く、メキシコでは、13~15世紀にアステカ族が開始しています。

アメリカ大陸を発見したときには、熱帯アメリカ一帯で盛んに栽培されていました。

1833年にカリフォルニア及びフロリダに導入され、アジアへは19~20世紀、日本へは大正時代に伝わりました。

 
アボカドは、世界中に700以上の品種があります。

卵形で、果皮が緑色のものが一般的であり、甘味や酸味は特にありません。

ただ、森のバターと呼ばれるほど脂肪が多く、独特のコクやなめらかな食感があります。

アボカドオイルとは!?

アボカドオイルは、アボカドの果肉から摂れるオイル。

化粧水やクリームのかわりとして使われています。

ビタミンB群が豊富に含まれていて、老化防止や疲労回復の効果が期待できます。

 
果実と同様、フルーティーでコクがあります。

甘い口当たりで、アボカドの風味をほんのり感じることができます。

皮で角質ケア

アボカドを食べ終えたら、むいた皮は角質ケアに利用できます。

果肉のついている側で、かたい部分をこすってマッサージすれば、やわらかいスベスベな肌になります。

黒いスジがあると傷んでいる?
アボカドを切ってみると、果肉に無数の黒いスジが入っていることがあります。

これは維管束という、タネに養分を送るパイプのようなものであり、追熟がうまくいっていない時に変色する傾向があります。

害はありませんが、変色したものは、すじっぽい食感で舌触りが悪くなります。

関連記事

アボカドのカロリーに関する記事です。

アボカドの旬

アボカドは、わずかに国産物が出回っているものの、ほとんどは輸入もの。

1年中美味しく食べることができるので、アボカドの旬は通年ということになります。

アボカドの産地

現在では、メキシコやカリフォルニア・ブラジル及び中南米諸国が主産地となっています。

日本では、大正初期より戦後にかけて、鹿児島・愛知・高知・和歌山・静岡の温暖な地域において、栽培が開始されています。

ただ、栽培が少なく、産地化までには至っていません。

 
スーパーなどに出回っているものは、ほとんどがメキシコからの輸入品。

「ハス」という品種が中心になっています。

アボカドの上手な選び方

  • 皮にハリとツヤがあるもの。
  • 軽く握った時、弾力があるもの。
  • 購入後すぐに食べる場合は、よく熟した皮の黒いものを選ぶといいです。
  • 色で判断できなければ、手でそっと押し、熟し加減をみてください。
  • 皮に黒いシミがあるものは避けたほうが無難です。

スポンサードリンク







あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。