さくらんぼのカロリー(1個)と糖質!栄養や効能なども紹介♪

サクランボの歴史

さくらんぼのカロリー(100g・1個・缶詰)と糖質

さくらんぼのカロリーですが、生の場合は60kcal・糖質は14.0gです(※ 可食部100gあたり)。
さくらんぼ1個(7g)だとカロリーは4kcal・糖質は0.98gであり、缶詰めにするとカロリーは74kcal・糖質は16.6gほどになります。

カロリーは低いので、ダイエットに向いている食材といえます。

他の果物類のカロリーや糖質は以下のようになっていますが、他の果物類と比べるとカロリーは低く、糖質はほぼ同じくらいになっています。

  • スイカ・・・37kcal・9.2g
  • メロン・・・42kcal・9.9g
  • ナシ・・・43kcal・10.4g
  • カキ・・・60kcal・14.3g
  • イチジク・・・54kcal・12.4g

     

さくらんぼの食品成分

塩分

たんぱく質

脂質

炭水化物

0g

0.1g

0g

0.9g

食物繊維

カリウム

葉酸

ビタミンC

0.1g

13mg

2μg

1mg

※ 1粒(6g)あたりの数値

スポンサーリンク

さくらんぼの栄養と効能

サクランボの栄養さくらんぼは、果糖が約40%を占めているので、とても甘く感じる果物になります。
虫歯予防の甘味料として知られている、さわやかですっきりとした甘味成分であるソルビトールが豊富に含まれています。

葉酸が豊富に含まれていて、代謝を促すほか、ビタミンB12とともに赤血球を生成し貧血を予防しますので、妊娠中の補給にもおススメです。
むくみや高血圧を解消するカリウムが豊富に含まれていて、水分代謝を促し、体内にたまった水分とともに塩分を排出します。

食物繊維が豊富に含まれていて、腸内環境を整え、便秘の予防や改善につながります。
さくらんぼのほどよい酸味を生み出しているのが、リンゴ酸やクエン酸などの酸味成分であり、代謝をUPし、疲労の回復を促します。

赤い皮に含まれる赤の色素成分は、アントシアニンです。
強い抗酸化作用があり、目の疲れを軽くし視力を回復し、細胞の酸化を抑えてビタミンCとともにアンチエイジングに有効になります。

この他、ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンCなどが含まれていますが、それほど多い量ではありません。

さくらんぼの主な効能

疲労回復・美肌作り・高血圧予防・便秘解消・眼精疲労回復

さくらんぼの主な栄養成分

ソルビトール・葉酸・カリウム・食物繊維・リンゴ酸・クエン酸・アントシアニン・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC
 

さくらんぼの栄養を強化する食べ合わせ

さくらんぼ+ヨーグルト

さくらんぼに豊富に含まれているアントシアニンは目の機能を高め、ヨーグルトに豊富に含まれているビタミンB2は粘膜を守ります。
いっしょに摂取することで、白内障の予防に対しての効果が期待できます。

さくらんぼ+メロン

カリウムを豊富に含むさくらんぼとメロンをいっしょに摂ると、体内の血液や水分の循環をよくし、血圧の上昇を防ぐので、高血圧の予防、改善に対する効果が期待できます。

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。