梨(ナシ)のカロリーと糖質!栄養や効能なども紹介♪

ナシの栄養

梨のカロリー(kcal)と糖質

梨のカロリーは43kcal・糖質は10.4gです。(※ 可食部100gあたり)
梨1個(255g)のカロリーは110kcalになります。
カロリーは低いので、ダイエットに向いている食材といえます。

他の果物類のカロリーや糖質は以下のようになっていますが、他の果物類と比べるとカロリーや糖質はほぼ同じくらいになっています。

  • リンゴ・・・61kcal・14.3g
  • スイカ・・・37kcal・9.2g
  • メロン・・・42kcal・9.9g
  • カキ・・・60kcal・14.3g
  • イチジク・・・54kcal・12.4g

   

梨の食品成分

塩分

たんぱく質

脂質

炭水化物

0g

0.8g

0.3g

28.8g

食物繊維

カリウム

葉酸

ビタミンC

2.3g

357mg

15μg

8mg

※ 1個(255g)あたりの数値
   
スポンサーリンク

梨の栄養と効能

ナシの食べ方梨は、食べやすく、吸収のよいエネルギー源になりますので、運動後や体力低下時・朝の栄養補給・疲労回復などにおススメです。

成分の約90%が水分で利尿作用があり、からだのほてりを冷まし、口の渇きをいやしてくれます。
また、高熱による脱水症状を緩和する働きもあり、発熱や暑気あたり・日射病の改善にも有効とされています。

梨に含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

プロテアーゼ

たんぱく質を分解する酵素のプロテアーゼが含まれていて、肉類の消化を助ける働きがあります。

サポニン

梨に含まれるサポニンは、喉の炎症や咳を鎮めるのに有効といわれていて、漢方では風邪に処方されています。
抗酸化によるアンチエイジングにも有効になります。

その他

梨特有の清涼感のある甘みのもとは、甘味料としても使われるソルビトールであり、整腸作用があるので、腸の健康保持に役立ちます。
クエン酸やリンゴ酸・アスパラギン酸が含まれていて、疲労回復に対する効果が期待できます。

カリウムが豊富に含まれていて、体内の余分な水分と塩分を排出し、高血圧やむくみによる冷えを改善しますが、排出した水分も補えるので一石二鳥になります。
フラボノイドであるエピカテキンが含まれていて、血管を動脈硬化から守る作用が期待できます。

梨には、ザラザラとした独特の食感がありますが、これは、石細胞(せきさいぼう)という果肉の細胞壁によるものです。
その細胞内に、リグニンやペントザンなど、難消化性の食物繊維が含まれていますが、消化されにくく腸を刺激するため、便秘の予防や改善に役立ちます。

梨の主な効能

高血圧の予防や改善・疲労回復・整腸作用・消化促進

梨の主な栄養成分

食物繊維・プロテアーゼ・クエン酸・リンゴ酸・カリウム・サポニン・ソルビトール・アスパラギン酸・エピカテキン

梨の栄養を強化する食べ合わせ

梨+柿

暑さで食欲がない時、梨がのどを潤して体を冷やし、柿のビタミンCが弱った体の免疫力を高めます。
さらに、β-カロテンが紫外線で傷んだ肌を守るので、夏バテ対策に効果的です。

梨+レンコン

二日酔いには、レンコンと梨のミックスジュースが効きます。
レンコンには、利尿作用や解毒作用・胃壁を保護する働きがあり、梨の利尿作用とともに二日酔いに対する効果が期待できます。

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。